FC2ブログ

コガネメキシコインコのヒナその後、第3話。 

 4月17日こんにちは、バードスタッフ石山です。
 今日は、コガネメキシコインコ集団子育てヒナのその後をご紹介します。

 ある朝、いつものようにインコさんにごはんをあげに行くと、いつもと様子が違うのに気付きました。
ママコガネさんが、ごはんを食べた後巣箱に戻ろうとしません。
ヒナが心配になり覗いてみると、ヒナがぐったりとして動きません。
ママコガネさんも戻る気配がありません。
どうやら育児放棄されてしまったようです。
インコの世界でも、ヒナが育たないと親が思ったらもう餌を与えなくなってしまう習性があります。
3週間をすぎてもまだ目が開かなかったヒナ、ちょっと成長が遅いと思っていましたが、親は育たないと思ってしまったようです。
このままだと死んでしまう為、スタッフがヒナを生きているかどうか確かめました。
さわってみるととても冷たくそれでも少し頭をもたげるしぐさをする為、かろうじて生きているようです。

090326_1110~01_convert_20090413124035

 すぐさま、スタッフルームの方へ保護をして暖めてごはんをあげてみると、少し元気になりました。
まだ目が見えなく、羽も毛も生えてない、赤裸です。

090406_1312~02+(1)_convert_20090413124132

 孵化してから1ヶ月が過ぎて、ようやく目が開きました。

 ごはんも、よく食べて羽毛も前より生えてきました。
 スタッフもこれで一安心。

090411_1311~01_convert_20090413124153

 保護してから10日たちました。

 目もしっかり開いてつぶらな黒い瞳がかわいいですね。
 翼になる部分からは、羽になる羽軸が少しずつ生えてきました。
 脚も大きくなり自分で立てるようになりました。

090411_1314~01_convert_20090413124226

 頭のオレンジ色の羽も生えてきました。
 フサフサの羽毛に代わって、筆羽から羽軸がだんだん伸びてきました。

 スタッフの手がお母さん代わりで、手を見ると、ごはんをねだりよってきたりするようになりました。

090412_1321~01_convert_20090413124247


 ヒナは、温室入る手前に看板が置いてあり、ご覧になれますのでよかったら元気になったヒナを見て下さい!
ごはんをあげる時間は13:30から行われています。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

スポンサーサイト