スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンさんの衣替え 

5月31日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
毎日暑い日が続くようになってきましたね、長袖から半袖に着替えた方も多いのでは?
今日は、ペンギンさんの衣替えをご紹介します。

ケープペンギンは年に一度、すべての羽が生え換わります。
おっと基本のおさらいですが、ペンギンは立派な鳥類ですよ?
あの水をはじく体は、ちゃんと一枚一枚の羽毛で覆われているのです。

この子そろそろ換羽が来るみたい~のサインがあります。それは…

とや5

この体です!左の子より、右の子の方が体格がいいですね。お腹が重そうです…。
実は、ペンギンは換羽の前にぶくぶくとおデブちゃんになってしまうのです!

ペンギンは野生では海に潜って魚を捕り食べています。
しかし、この1年に1回の生え換わりの時期には、水をはじく羽が抜けてしまうため、
海に潜ることができないのです。生え換わりが完了する約10日間の間、
餌を捕ることができないため、その前にたくさん食べて体に栄養を蓄えておくのです。
花鳥園では水に入らなくてもごはんが食べられますが、
自然の状態と近いように、わざとこの間は食事は与えていません。
ぶくぶくと太った体は換羽が終了する頃には元の体格に戻っています。

ちなみに掛川花鳥園では、普段1日35匹ほどのアジを食べている子が、換羽前には
倍の70匹もの量を食べています!体重も3kgから4.5kgに!そりゃ太るわけだ…。

とや6

こちら換羽が始まったサンゴくん。羽が毛羽立っていますね。
ちなみにみんなと一緒にいると泳ぎたくなってしまうので、プールの裏の小屋にいます。

とや7

こちら背中の部分です。ういている羽はすべて今回抜ける古い羽です。
抜けた部分は下からちゃんと新しい羽が同時進行で生えてきています。

とや4

上の写真から3日後。顔の周りの羽も抜け始めました。
なんだかえりまきを巻いているみたいですね。
換羽中は少しだるいのでしょうか、目を閉じていることが多いです。

とや3

サンゴくんの抜けた羽毛。軽くかき集めただけですがたくさんあります。
ペンギンの羽は見た目ではこのような羽が生えているのはわかりにくいですが、
ちゃんと他の鳥類と同じような羽毛に包まれているのですね。

とや1

さらに3日後。残る古い羽もわずかとなりました。

とや2

首の周りだけみたいですね。アクセサリーみたい!?
実はういた古い羽は引っ張ると簡単に抜けます。しかしあえて自然の力にまかせています。
もうちょっとでプールに戻れるね!

とや8

さらに3日後、換羽が終了し、久しぶりにプールで泳ぐサンゴくん。
あとほんのちょっとえりあしに数枚羽が残っていますが、泳ぐにはまったく問題ありません。
10日ぶりのごはんも美味しかったね!
サンゴくんだけでなく、ほかのペンギンさんも続々と衣替え中、または準備太り中です。
綺麗な羽になったぴかぴかのお体 or ぶくぶくのおデブちゃん、見に来てね!


お知らせ!
鷹匠ギャリーさんの不在日 → 6月3日(水)
上記の日はヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

スポンサーサイト

魅惑のアケボノインコ。 

 5月29日 こんにちは、バードスタッフ石山です。
 今日はふれあいの小道にいるアケボノインコをご紹介します。
このアケボノインコは、とても大人しく動きもゆったりしていて、当園の中でも1番マイペースな性格の持ち主といえるのではないでしょうか。
日中ほぼ同じ枝の上でジーっとしていて、お腹が空くとごはんをもらいにゆっくり枝から下りてきます。
今回は、活発で陽気なコガネメキシコインコとは、一味違う大人の魅力漂うアケボノインコをご覧頂きましょう。

DSCN1601_convert_20090516161040.jpg

 日中はこのように木の高い枝に止まったまま一日を過ごします。

DSCN1583_convert_20090524172104.jpg

 低い枝に下りてきたアケボノインコさん。
 指で触ってみると少しよけました。「や、やめろよ・・・」。
 嫌がっていても動きはとてもゆっくりめです。

DSCN1588_convert_20090524172314.jpg

 続いて、いつもはクールなアケボノインコですが、ご飯が出ると夢中でほおばります。
 この時ばかりは見た目を気にせず、他のインコさんに美味しいご飯を奪われまいと必死です。

DSCN1596_convert_20090524172524.jpg

 ちなみに、お尻には赤い羽根が生えていて、なんともセクシーです。

 最後にアケボノインコが動いている珍しい動画を入手しましたので、ご紹介します。


 おもちゃの取り合いで熱くなり、ふだん見せない機敏な動きがご覧いただけたでしょうか。
 これも、ずっと見守っているスタッフならではの貴重な映像です。

 いかがでしたでしょうか?
 皆様も是非ふれあいの小道にて、動くアケボノインコとふれあってみて下さいね。
 辛抱強く待っていればきっと腕に乗ってくれますよ!


 お知らせ!
 29日(金)、6月1日(月)は鷹匠ギャリーさんの不在日です。
 この日はヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。ご了承ください。



 掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
 http://kamoltd.blog110.fc2.com/

鷹匠の技術 羽のリサイクル 後編 

5月27日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
6日間、お待たせいたしました!今日は前回の続き、接ぎ羽根の施術の様子です。
鷹匠の技術 羽のリサイクル 後編 スタート!
の前に、皆さんもう一度、前回の記事のおさらいからどうぞ→羽のリサイクル 前編

羽5

いよいよハリスホークのギンジくんに接ぎ羽根をおこなっていきます。
一人がギンジくんをおさえ、ギャリーさんが尾羽側に立ち施術していきます。

羽6

まずは1本目。折れた尾羽を根元だけを残し、ニッパーで切り取ります。
ギンジくんの体にはこのように短い羽軸が残っています。

羽11

そこへ、前回準備した新しい尾羽に刺した割りばしを刺し込みます。
つまり、割りばしがギンジの羽軸と新しい羽の羽軸のつなぎ役なんですね!

羽8

羽軸の太さはやはり1本1本違いますし、断面は綺麗な円上でもありません。
刺し込みながら具合を見て、その羽軸にあった割りばしに削っていきます。
1本の羽軸に1本の割りばし、完全受注生産のオーダーメイドです!

羽13

ちょうどいい太さになったら刺し込んでボンドで固定。まずは1本完了。

羽9

同じ要領で続けます。同じように見える尾羽でも外側と内側では微妙に違っていて、
外側は微妙にカーブしています。また角度もうまくやらないと尾羽がうまく重なりません。
何度も広げたり重ねたりしながら、慎重に進めていきます。

羽14

接着部分のアップ。
上から1、2、4、5本目は接ぎ羽根された羽ですが、3本目のものはちょっと違っています。
これはギンジくんの自前の羽で、いままさに新しく生えてきている新しい羽です。
伸びている途中の羽はこのようにストローのようなものでおおわれていて、
伸びてくるとこの角質がはがれていき、中の羽がぱっと開きます。
ちなみに伸びている途中の羽には血管が通っており、折れると大出血します。

羽15

最後に、ショー出演時に取り付ける発信機をひっかけるためのクリップを取り付けて完了!
施術だけで約1時間半!準備期間も入れたらもっとです。お疲れ様でした!

羽10

ちなみに切り取ったギンジくんの尾羽がこちら。
よくこの状態でショーで飛んでいてくれたと思います。
確かにブレーキがきかず腕にうまくとまれなかったり、風が少しでも強いと遠くまで行ってしまったりということが多かったです。

羽12

立派な尾羽をもらったギンジくん。やっぱりこうでなくっちゃかっこよくないですよね!
「ふぅやれやれ、なんだか急にお尻が重くなったなぁ」
まぁそう言わずにギンジくん、明日から飛ぶのが楽になるよ。

今回、接ぎ羽根した尾羽も、やがては毛穴から抜け落ち新しい尾羽が生えてきます。
本来ならばギンジくんの自前の綺麗な羽で飛ぶのが一番です。
その時まで借り物だけど、ギンジくんショーの主役よろしくね!

お知らせ!
29日(金)は、鷹匠ギャリーさんは富士花鳥園へ出張のため不在です。
ヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。ご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/


園外のお仕事 ふれあい出張  

5月25日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
一昨日の23日と昨日の24日、住宅フェスティバルというイベントに出張してきましたので、
今日はその様子をご紹介します。鳥さんたちのふれあい出張です!

藤枝市の藤枝市民体育館と、静岡市のツインメッセで2日間にわたって開催されました。
花鳥園ではときどきイベントに出張し、鳥とのふれあいの素晴らしさを知ってもらうとともに、
パンフレットや割引券の配布などをおこなっています。

イベント6

こちらが静岡会場の様子です。
住宅フェスティバルということで、たくさんのメーカーさんのブースがあります。
ケープペンギンの今年生まれのおちびくん(名前はまだないよ!)のお散歩の様子です。
初めてのお出かけにすべてのものが珍しく、目移りしちゃいます。

イベント5

同じく静岡会場のファラオワシミミズクのあかちゃん(名前はまだないよ!)と、
開園中の加茂花菖蒲園から持ってきた花菖蒲。お口に入れて遊んじゃいました・・・。

イベント4

みんな鳥さんがいると聞いて集まってきてくれました。
近くで見るフクロウさんやペンギンさんにびっくり!優しく触ってね。

イベント3

この女の子は何度も何度も花鳥園のブースに遊びに来てくれました。
鳥さんが気に入ったんだね!ペンギンさん可愛いね!

イベント2

卵からスタッフで育てたファラオワシミミズクのあかちゃんはとってもおとなしく、
すぐ近くまで行っても平気です。丸太に乗ったままで背中をなでたりすることもできました。

イベント

静岡会場では、一日2回ほどステージ上での記念撮影大会もありました。
フクロウさんとペンギンさんと一緒にお写真を撮ることができ、大好評でした。

イベント1

こちらは藤枝会場に出張してくれたケープペンギンのおちびちゃん(名前はまだないよ!)。
たくさん歩いて疲れたみたいで、その場で寝ころんじゃいました。
積み木で遊ぶお友達を横目に、そのままウトウト・・・。
もう1羽、アフリカワシミミズクのタケルちゃんも藤枝会場出張でした。

イベント7

最後は静岡会場にて、ミサワホームさんのブースにお邪魔してハイチーズ!

たくさんの方が花鳥園のブースに遊びに来てくれました。どうもありがとうございました!
各会場でお会いした皆さん、今度は花鳥園で会いましょうね!

※写真を掲載させていただいた皆さん、ありがとうございました。



最後にスタッフからお知らせ!
今日25日と明日26日の2日間、鷹匠のギャリーさんは富士花鳥園の方へ出張です。
ヘビクイワシとハクトウワシはショーをお休みしますので、ご了承ください。




掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


インコさんのおやつタイム。 

 5月23日 こんにちは、バードスタッフ石山です。
 だんだん暖かくというか暑くなってきましたね。温室内も窓を開けて温度調整していましたが、涼しくするために、冷房が入るようになって来ました。
 さて、今日はインコさんのおやつタイムをご紹介したいと思います。
来園された際にたまに見かけることがあるかもしれませんが、主に平日1日数回温室内の鳥さんたちにおやつをあげています。
時間や回数は決まっておりませんが、鳥たちのお腹が空き過ぎないよう、スタッフが様子を見ながら与えています。もちろん満腹にならないようにする事にも気を遣わなければなりません!

そのおやつタイムの様子は、なかなか迫力があり、密かな人気を呼んでいます。
スタッフがおやつを与えている場所に鳥たちがいっせいに集まるのです!

逕サ蜒・088_convert_20090516172833

 このおやつタイムに近くを通られたお客様は一緒におやつをあげることができます。

逕サ蜒・094_convert_20090516173030

 スタッフの後藤さんがおやつを置くと鳥たちが集まってきました。

逕サ蜒・112_convert_20090516173755

 おやつ出たぞ~!
 鳥たちが鳴き出すとその声を聞いていっせいに集まってきます。

逕サ蜒・103_convert_20090516174303

 鳥が一斉に食べ始めるとお客様もカメラを出して撮影タイムとなります。

逕サ蜒・108_convert_20090516173618

 おやつが沢山あるのにも関わらず、取り合っていくつも口の中に詰め込んでいるインコさん、のんびりマイペースに1つずつ食べているインコさんそれぞれ食べている様子をみると1羽1羽の性格がよくわかるかもしれませんね!

 おやつを与えているのを見かけたら、是非足を止めてじっくり観察してみてください!

掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



鷹匠の技術 羽のリサイクル 前編 

5月21日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は、イギリス人鷹匠のギャリーさんによる、素晴らしい鷹匠の技術をご紹介します。
題して、鷹匠の技術 羽のリサイクル 前編です!

羽5

こちら鷹匠ショーで活躍中のハリスホークギンジくん。なんと尾羽がボロボロです。
ある日ささいなアクシデントにより、まず1本の尾羽が折れてしまいました。
その軸の弱くなった部分からどんどん折れ始め、やがてこんな姿になってしまいました。
ハリスホークにとって尾羽とはとても重要で、かじ取りとブレーキという役割を持つため、
この尾羽ではうまく飛ぶことができません。

羽は抜ければ新しいものが生えてきます。
しかし折れた状態で根元が毛穴に残っていれば、新しいものは生えてきません。
じゃあ抜いちゃえばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、
インコやエボシドリのように、捕食される側の鳥の羽は抜けやすくなっています。
トカゲのしっぽ切りの要領で、敵から逃げるためです。
しかし弱肉強食の頂点にいる猛禽類の羽は非常に抜けにくくできており、
無理に抜くと毛穴が痛んでしまい、一生羽が生えてこなくなるという事態になることがあります。何より、引っ張って抜くのは痛いです。
抜いてしまうという技術もあるようですが、それはギャリー流ではないのです。

猛禽を猟に使う鷹匠は、猟期の前にタカに餌をたくさん与え、換羽させ完全に羽がそろった状態で狩りをさせます。
当園でもショーをしばらく休ませ、餌をたくさん与えることで換羽をうながし、
綺麗な羽に生え換わらせたいところですが、ギンジくんは掛川花鳥園一番のエースで、
少しの間でもショーを休むと困ってしまうのです。
そこでギャリーさんがギンジくんに施術したのが、接ぎ羽根という技術です。

羽1

接ぎ羽根というのは、前に抜け落ちた羽や他の鳥から切り取った羽などを、折れた羽に継ぎ足してやる技術です。保護された猛禽のリハビリなどでもこの技術が用いられるそうです。

こちらがギャリーさんが今回接ぎ羽根に使用した道具です。
前回の換羽のときに抜け落ちたハリスホークの尾羽(ギンジのだけではありません)と、
割りばし、ニッパーやカッターなど。
割りばしって何に使うんだ・・・?と思いますよね。

羽17

ギャリーさんが割りばしをこのようにカッターで削っています。
ちなみに割りばしを使うのはギャリー流です。
割りばし業者の方もまさかこんな使い方があるなんて知ったら驚かれるでしょう…。

羽16

羽の中心、固い軸を羽軸といいます。写真は羽軸の先をニッパーで切ったものです。
この羽軸、実は仲がストローのように空洞になっています。

羽2

この空洞部分に、切りだして細くした割りばしを差し込みボンドで固定します。

羽3

左右が抜け落ちた状態の羽の羽軸、真ん中の羽が割りばしをさしたものです。
どのように接ぎ羽根するのか、わかってきましたか?

羽4

全部で10本、接ぎ羽根の準備満タンです!

羽7

今日はここまで!接ぎ羽根の施術の様子は次回の猛禽セクションブログでご紹介します。
次回、いよいよギンジくんのしっぽが生まれ変わります!
6日後の 鷹匠の技術 羽のリサイクル 後編 をお楽しみに!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


マガモの赤ちゃん大行進 

5月19日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
前回の水鳥セクション発ブログではコブハクチョウの赤ちゃんたちをご覧いただきましたが、
今日も可愛い水鳥の赤ちゃんたちをご紹介します。

カモヒナ5

カモの赤ちゃん展示ブースでは現在、9羽のマガモの赤ちゃんたちがご覧いただけます。
誕生した日が少しずつずれていますので、いろんな大きさの赤ちゃんです。

カモヒナ6

カメラ目線もバッチリ!とっても可愛いです。

カモヒナ4

やっぱり小さな子たちは、大きなお兄ちゃんお姉ちゃんの周りに集まっています。
泳ぎ方もごはんの上手な食べ方も、お兄ちゃんを見て学習しています。
眠る時もみんなで仲良く集まって寝ます。

そういえば、一番最初にご紹介した(4月25日の記事)、4月8日産まれの3羽は・・・

カモヒナ1

もうこんなに大きくなっていました!もうすっかりマガモスタイルです!
お世辞にも赤ちゃんとは言えないため、今は裏のバックヤードで暮らしていて、
カモプールデビューするための充電期間です。
もうすぐ大人の仲間入りをしますよ!広いプール楽しみだね!



とっても可愛い様子が撮影出来ました。
7羽の赤ちゃんたちがスタッフの後をついて大行進しています。
一番大きな子が先陣を切って歩いていたのに、途中から一番遅くなってしまいます。
しかも後半、明らかにカメラを気にしています。
かっこよく映るか気にしていたのかな?一番お兄ちゃんがちゃんとしっかりしてよ!

カモヒナ2

でも、この子が一番人馴れしているようで、スタッフの手の平が一番落ち着くようです。
特別展示中のユリと、はいチーズ!

まだまだカモたちの繁殖期は終わりません!
孵卵器にも卵がまだまだ入っていますし、親たちの産卵も続いています。
これから長い期間にわたって可愛いヒナがご覧いただけますよ、是非見にきてくださいね!

カモヒナ3

                      僕たちに会いに来てね!

※赤ちゃんは触ることができます。でもだっこはしないであげてね!
  触ったらちゃんと手を洗ってね!
 


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/


クジャクのヒナが生まれました! 

5月17日 こんにちは、バードスタッフ石山です。
 今日は、先日ご紹介したクジャク母さんの子供についてお知らせします。
前回は、ふれあいのこみちでクジャク母さんが、卵をいくつか抱いているというのをお伝えしましたね。
中にはキンケイのたまごも一緒に抱いていましたが、その後何日かしてクジャク母さんは「この卵私のじゃないわ!」と気づいてしまったようで、残念ながらキンケイの卵は母さんのお腹の下から出されてしまったのです。
他の卵も抱いてはいるけれど果たして無事にヒナは生まれるのかと諦めかけていたある日・・・。
クジャク母さんの前に黄色のヒヨコがいるではありませんか!
クジャク母さん、他のクジャクが近づくとキック!!で追い払い子供を守っています。
その後、また沢山ある卵を抱き始めました。



 しかし、このふれあいのこみちには、クジャク親子の敵となる他のクジャクやフラミンゴなどが沢山おり、撮影した次の日にはヒナがつつかれ、弱ってしまったため泣く泣く親子を離し、スタッフが育てる事になったのです。

DSCN1419_convert_20090516161325.jpg

 クジャク母さんから離れて2日目。心なしか寂しそうに見えます。

DSCN1608_convert_20090516161834.jpg

 でも!3日もたつとスタッフにもだいぶ慣れ、手のひらに乗せても怖がらないほどになりました。

DSCN1603_convert_20090516161613.jpg

 生後10日目には、スタッフが日誌を書いていると、ノートの上にのってちょっかいを出すぐらいに慣れてきました。
ちなみに、ヒナの横に移っているのが、クジャク母さんが自分の卵じゃないと見破ったキンケイの卵です。

DSCN1613_convert_20090516162246.jpg

 最後にスタッフの肩の上でくつろぐヒナ。
 このヒナ、実はクジャク母さんの子供ではないんです。色が白ということは・・・白クジャクの子供なんです!面倒見が良いばかりに他の卵も温めていた心広いクジャク母さん。
他の卵も無事に生まれ、今度は自分の子供が生まれるといいですね。
近日中にこちらのヒナ公開予定ですのでまたお知らせしたいと思います!お楽しみに!

掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


続きを読む

脚革の新調 

5月15日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
毎日とっても暑くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?
今日はユーラシアワシミミズクのバロンちゃんが、皆様に何か教えてくれるようですよ。

バロン3

こんにちは、僕ユーラシアワシミミズクバロン
掛川花鳥園の約80羽のフクロウの中で3番目に大きいんだぞ~すごいだろ!エッヘン!
でも自分で言うのもなんだけど、とっても怖がりさんで、特に植物スタッフさんが乗っている
高所作業車が一番怖いんだ・・・。

それはそうと、この前困ったことがあったんだ。
僕の脚にスタッフたちがつけてくれていた、脚革が古くなって、一つちぎれちゃったんだ!
このままではいつもお仕事をする「ふれあいゾーン」に行くことができないよ!

バロン5

これが僕の古くなった脚革だよ!

脚革っていうのは、僕たち猛禽類の両脚につけた革のことで、
ぐるっと脚に巻いてハトメでとめるんだよ。
この革のハトメに、さらに革でできたジェスというものを通して、それから紐でつないでもらうんだ。脚革は僕たちを係留するための、いわばワンちゃんでいう首輪のようなものだね。

僕たちはヒマになると、この脚革を噛んで遊んだりするんだよ!
あと水浴びも大好きで、じゃぼんと水入れの中に入ってお水に浸かるのが好きなんだけど、その時に濡れた脚革は乾くと硬くなって、より切れやすくなっちゃうんだ。
でもちぎって遊ぶのは楽しくってやめられないも~ん。

バロン4

そこで、ギャリーさんが僕のために新しい脚革を作ってくれたよ!
前のはカンガルーの革だったけど、今度のはもっと丈夫なシカの革だって!
で、新しい脚革をつけてくれるんだけど・・・

バロン6

怖がりな僕は、脚革をつけてもらう時も、おとなしく我慢なんてできないんだ・・・。
怖くってギャリーさんやスタッフさんを噛んじゃったり、暴れたりしちゃうから、
こんな風に捕まえられてつけられるんだ!毎回こればっかりは慣れないなァ。

バロン7

毛深くってごめんね!こんな感じでハトメをうつよ。

バロン1

できた!立派な脚革をつけてもらったよ!
これで明日からまたふれあいゾーンでお客様と会えるよ。

バロン2

どうだったかな?
今度僕に会いに来てくれた人は、僕の脚にも注目してみてね。
でも毛深いからあんまり見えないかもしれないけど、その時は小澤さんにお話してみてね!




掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



コブハクチョウ 赤ちゃん誕生! 

5月13日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
またまた待望の赤ちゃん誕生です。それも一気に6羽も産まれちゃいました!
今年も コブハクチョウの赤ちゃんが産まれました!

コブハクチョウのペアがヘビクイワシ舎の裏に巣を作って抱卵を始めて約1か月。
 抱卵の様子の記事はコチラ→コブハクチョウ産卵しています
去年は3羽のヒナを無事育て上げたこの両親、今年もうまく孵化してくれるだろうかと、
スタッフみんな楽しみにしていました。今年は一体何羽産まれるだろうか・・・すると・・・

白ヒナ1

なんと、6羽の赤ちゃんが産まれました!
6卵中6卵が有精卵、とっても優秀なペアです。
そして孵化率100%!最新鋭の孵卵器もお手上げです・・・。

7日に1羽、8日に4羽、9日に1羽と、立て続けに6羽が産まれ、
しかも末っ子が産まれたその日に両親と6羽の赤ちゃんで泳ぎ始めたのです!
でもみんな体格差は無いようで、今のところ見分けはつきません。

白ヒナ2

成長のコブハクチョウは真っ白ですが、ヒナの時はうすいグレーの綿毛で覆われています。
ちゃんと水をはじくようですね。
それにしても、産まれてすぐ泳げるなんてすごいですね(私は泳げません・・・)。



動画でその可愛さをご覧ください。
お父さんとお母さんの後を一生懸命ついていっています。
しかし、赤ちゃんの大きいこと。産まれて3日しかたっていないというのに、すでに
カモプールにいるクビワコガモぐらいの大きさがあります。
さすが、白鳥最大種コブハクチョウの赤ちゃんです。

白ヒナ5

両親が、人間をまったく恐れず人の手から餌をもらっているのを見ている赤ちゃんたちは、
まったく人を恐れません。お父さんとお母さんを見てちゃんと学習しているんですね。
とっても可愛い赤ちゃんたちにいつも人だかりができています。

白ヒナ4

夜間はイタチやタヌキなどの獣もうろついているため、湖の中が一番安全です。
夜通し泳いでいたのか、疲れてしまったのでしょうか、朝行くと岸に上がって眠っていました。
私が近づいたことに気付きましたが、またすぐ眠りにつきました。人間への警戒心ゼロ。

白ヒナ3

でもちゃんと近くにはお父さんとお母さんがいて、近づきすぎる人間には威嚇してきます。
お客様とスタッフの区別がついているようで、スタッフには特に怒ります。
写真左がお母さん、右がとっても怒っているお父さんです。
翼が持ち上がっていますね。威嚇のポーズです。
とってもたくましくって頼もしいお父さんのそばで、赤ちゃんたちは安心して休んでいます。



夕方、ごはんをあげると、さっき食べたはずの他カモさんたちも寄ってきてしまいました。
しかし、赤ちゃんたちがゆっくり安心してごはんが食べられるよう、
左にいるお父さんが他のカモ達を追い払っています。とっても強いお父さんです。

さて、今年は6羽の赤ちゃんが産まれました。今のところ順調ですが、
実は去年も5羽孵化したのですが、途中で2羽が残念ながら死んでしまったのです。
野生でも、すべてのヒナが大人になれるわけではありません。
今年は6羽すべての赤ちゃんが育ってくれるといいと思います。

とっても可愛い赤ちゃんたち、小さなうちが一番可愛いです。
今のうちに見に来てあげてくださいね!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


水辺の鳥ゾーンが変わりました! 

5月11日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、温室内の水辺の鳥ゾーン新しくふれあえる仲間が入ったという事で、ご紹介したいと思います。
まずは入り口のドアを開けて、中にあるごはんを購入すると。。

逕サ蜒・060_convert_20090509161808

バサバサと、羽ばたく音がしてオオハシが登場しました。
近くで見ると大きな嘴がとても迫力ありますね~。

ここで、オオハシさんが腕に乗ってくれるコツを少しだけご紹介します。
逕サ蜒・063_convert_20090509161951
まず、爪で腕が傷つく場合がありますので、腕カバーを付けます。

逕サ蜒・065_convert_20090509162122

そして腕をオオハシの前に出して手前にごはんを見せると・・

逕サ蜒・074_convert_20090509162613

ごらんの通り乗ってくれます。
ちょうど顔の辺りに大きな嘴が来るため、この大きな嘴でつつかれたらどうしようと思うお客様が多いかと思いますが、さわろうとしたり、ごはんを持っていてあげようとしなかったりしない限りはつつく事はありませんので大丈夫ですよ!
ごはんをあげてみると、大きな嘴に似合わずとても器用にそして優しく手からごはんを食べるんです。
今度ご来園の際に是非オオハシとふれあってみてくださいね!

さて、今回新しく入ったふれあいができる仲間はどんな生き物なんでしょうか?
お客様が水槽を覗き込んで手を水につけていますね、何がいるのかな?
逕サ蜒・049_convert_20090509163412

公式ホームページでご紹介した、ふれあいフィッシュです。
手を入れてみると、すぐに魚が集まってきました。

逕サ蜒・078_convert_20090509162741

手をツンツンつつく、力加減がなんともほどよく、癒される感触です。
こちらは、1回300円で楽しむ事ができます。

逕サ蜒・084_convert_20090509163112

また、水辺の鳥ゾーンに新しいふれあいの仲間が加わり楽しくなった空間。
こちらを是非体験してみてくださいね!


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

またまた赤ちゃん誕生 

5月9日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
突然ですが、これは何でしょう???

アフ1

むむむ・・・ナマコかな?アメフラシ???

アフ2

なんと!フクロウの赤ちゃんでした!またまた誕生しました!
今度は、アフリカワシミミズクの赤ちゃんです!

加茂花菖蒲園の中の非公開エリアにある、掛川花鳥園付属のフクロウ繁殖場のペアから産まれました。現在生後約2週間といったところです。
しばらく親にそのまま任せていましたが、目が開いた頃になって花鳥園へ来園しました。

アフ3

お顔のアップ。
くちばしの先に白いものが少しついていますが、これは汚れではありません。
卵から孵化するときにヒナが中から殻を割るための“赤ちゃんだけの道具”、卵歯です。
この卵歯は成長するにつれ自然と取れてしまいます。

アフ5

掛川花鳥園で活躍する、アフリカワシミミズクのお兄ちゃんお姉ちゃん達。
左から、ミコト(1歳)・ヤマト(5歳)・タケル(5歳)です。
ヤマトとタケルは男らしいお名前ですが、実は女の子です。
この3羽も、今回産まれた赤ちゃんと同じ両親から、5年前と去年に産まれた子達です。

アフ6

この赤ちゃんはというと、姉妹園の松江フォーゲルパークから、養子に来てほしいと申し出がありましたので、もう少し大きくなったら松江へ移動します。
将来、松江できっと人気者になってくれることでしょう!
そのために今からスタッフで愛情かけて、人間大好きのフクロウさんに育てています。

アフ4

まだ少し小さいため、公開はしていませんが、こんな赤ちゃんも産まれているという
ご紹介でした。松江のお近くの皆さんは、新しい仲間を楽しみにしていてくださいね!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ペンギンにごはんをあげてみよう~GWバージョン~ 

5月7日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
GW、皆さんはどちらへお出かけになりましたか?
花鳥園も大変多くのお客様で賑わいました、どうもありがとうございました。
今日はGWの間の、あるイベントの様子をご紹介しましょう。
大人気のペンギンにごはんをあげてみよう!です。

この日は5月5日のこどもの日でした。
あいにくの雨となってしまいましたが、5000人を超えるお客様にお越しいただきました。
10:00と15:30からのペンギンにごはんをあげてみよう!、普段の土日でも大盛況ですが、GWは・・・

ペンえさ6

この列!!皆さん、ペンギンにごはんをあげてみよう!(¥100)をご希望のお客様です。
あまりの盛況ぶり、このGWは列の整理のためのチェーンを用意しておいて大正解でした。

ペンえさ5

まずはペンギンさんにごはんをあげるときの注意を皆さんに説明します。
お腹がすいているペンギンさんたち、間違ったプレゼントの仕方だと、ペンギンさんが
皆さんの手をごはんと間違えてしまうかもしれません。
お顔をつつかれては大変ですので、皆さん熱心に聞いて下さっています。

ペンえさ4

「待ちきれないよ~説明とかもういいから早くしてよ~」

それではスタート!お魚をスタッフのお兄さんから受け取って、緊張の一瞬です。
ちなみにこの日は¥100でお魚が2匹入っていました。
少ないと思われるかもしれませんが、ペンギンさんのお腹には限界があります。
毎日お客様の多さで体験していただく量を決めています。
お一人でも多くのお方に楽しんでいただくためなので、ご理解をお願いします。

ペンえさ1

今日は丘には6羽のペンギンさんがお待ちしています。
「ペンギンさんたちスタンバイOKでーす!奥からお願いしまーす!」

ペンえさ2

ドキドキの一瞬!お腹すいて待てナーイ!
お魚1匹は丘のペンギンさんに、

ペンえさ3

もう1匹はプールの中のペンギンさんにプレゼントです。
「僕にちょうだい!」「いいや私に!」 ペンギンさんに奪い合いにされる喜び・・・

ペンギンさん、お魚を飲み込むのはあっという間です。
シャッターチャンスは本当に一瞬のみですので、「チーズ」を言っていると終わってますよ。
お父さんお母さん、一生の思い出の記念のため、頑張ってあげてくださいね!

泳6

「うっぷ、お腹いっぱいです。もう食べられません・・・食べたら横になります」

この日は本当に大盛況で、ペンギンさんたちもだんだんお腹がふくれてきてしまいました。
最後の方に泣く泣くお断りさせていただいた方、申し訳ありませんでした。
平日にお越しいただくと、1カップに溢れんばかりの魚の量・・・ということになっているかも?
GWも平日も楽しい花鳥園!また会いに来てね!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


コガネメキシコインコのヒナその後、第4話。 

5月5日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、コガネメキシコインコのヒナその後をご紹介します。
前回、親から育児放棄されてしまったヒナでしたが、無事に大きくなり体重も増えてきました。
それと同時に、遅れていた成長も他のヒナと変わらないほどに早くなって毎日ぐんぐん変化していきます。
筆羽から少しだけ見えていた羽も現在は・・。

090424_1316~01_convert_20090428232429

親と変わらないほどに羽が生え揃ってきました。
羽の生え揃う順番は、翼が一番早く、次に頭、お腹、首の順番のようです。
スタッフの手をみると近づいてきて、登ってごはんをおねだりするようになり、前より活発に動き周る様になっています。

後、もう1羽巣から落ちてしまったヒナを保護しました。

090424_1313~02_convert_20090428232349

巣箱の底に穴が開いていてそこから落ちてしまったようです。
幸い低い位置に巣箱があり、土の上に落ちたため無傷で助かりました。

090424_1313~01_convert_20090428232323

まだ、羽が生え揃っていないため生まれて約4週間ほど経っているようです。
2羽になったヒナたち、兄弟みたいですね!
小さいヒナは甘えん坊で大きいヒナにいつもくっついています。
ヒナ用のごはんも、もりもり食べて、体重も増えているので、このまま元気に育ちそうです。

090424_1340~01_convert_20090428232450

2羽になったヒナたち、温室を入る手前で見れますので、ご来園の際には是非会いに来て下さいね!



最後に、ごはんを待っているヒナの影像です。ごはんをみると急いでかけよってきました。
ごはんをあげる時間は13:30から見る事が出来ますよ!


 掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
 http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ヘビクイワシ名前決定!&お知らせ 

5月3日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
大変お待たせいたしました、いよいよ発表です。
ヘビクイワシのお名前が決まりました!

ヘビクイワシが当園にやってきたのが2月でした。
それから約3週間、園内の一角でお名前の募集をおこないました。
おかげさまで約700通もの応募をいただき、選考に時間がかかりましたが、
猛禽スタッフと園長、専務、社長の協議のもと、やっとお名前が決まりました。
いよいよ発表です!

キック1

    ヘビクイワシ     命名 「キック」

浜松市 小澤寿子さま   名古屋市 小杉美津江さま   豊川市 やまだりきさま
浜松市 金田紗希さま   町田市   相原翠さま      静岡市 すぎもとさあやさま
磐田市 寺田孝幸さま   袋井市   鈴木泉さま      桑名市 伊藤愛理さま

以上9名の方に応募いただきました。ありがとうございました!
ささやからながら記念品を贈らせていただきます。

女の子ですがおてんばなので、素敵なお名前です。
採用理由としては、やはりヘビクイワシがヘビを蹴り仕留める狩りの様子がイメージしやすいということからです。上の写真もちょうどヘビを踏みつけている様子です。
すらっと伸びた脚が美しいですね!

キック3

他にも多かった名前としては、一番多かったのが「クイーン」で11票、
脚の黒い部分から「スパッツ」、「レギンス」というものも多かったです。

キック2

            「かっこいい名前で嬉しいわ!ありがとう!」

現在、ヘビクイワシのキックちゃんは13:00の鷹匠ショー(飛行ショー)に出演しています。
つい先々週にデビューしたばかりですが、とっても好調で好評です。
GWになんとか間に合いまして、多くの方にご覧いただきたいと思います。
ちなみにGWについてのお知らせなのですが、
5月2日~6日までの間、雨天時の屋内でのショーを中止します。 
これは、当園の屋内会場は大変せまく、一日の入場者数が6000人を超える中では大変な混雑が予想されるためです。その間雨が降った場合はいつもより長く「フクロウを乗せてみよう」を行います。何卒ご了承ください。 
幸い、今のところ週間予報では掛川市は雨にはならないようですので、外でのショーをお楽しみいただけると思います。 


最後にもうひとつお知らせ!
当園の大スター、ポポちゃんのテレビ出演情報です!

5月8日(金) NHK総合 19:30 ~ 20:45 
「クイズでGo! ローカル線の旅 静岡・天竜浜名湖鉄道」

ポポちゃんがクイズに登場します。

5月11日(月) 日本テレビ系列 19:58~20:54
「世界まる見え!テレビ特捜部」

ポポちゃんがスタジオに登場!たけしさんたちの前で変身を披露します!

まる見え4

                      「みんな見てね!」

GWは掛川花鳥園で!おうちではテレビでポポちゃんを!
それでは皆様、いいGWをお過ごし下さい!(私たちは休まず頑張ります・・・)




掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


カモの赤ちゃんラッシュ! 

5月1日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
前回にもカモの赤ちゃんをご紹介しましたが、あれから続々と生まれてきていますので、
今日もご紹介しちゃいます。
カモの赤ちゃんラッシュですよ!

ヒナ8

こちらが産まれてすぐのマガモの赤ちゃんです。
まだ少し羽毛が濡れていますね。孵化したばっかりです。
この羽毛をヒーターで乾かしてあげると・・・?

ヒナ11

可愛い赤ちゃんの出来上がりです!それにしても可愛い・・・
スタッフの手の上で落ち着いています。人間を親だと思っているようです。
「刷り込み」といって、産まれて最初に見た動くものを親だと思いこむ習性をもつため、
孵卵器で産まれたヒナは人間を最初に見たわけです。

ヒナ9

お顔のアップ。

ヒナ10

お尻のアップ。
どこから見ても可愛いです。



とっても可愛い姿が撮影できたのでご覧ください。
小さい体でスタッフの後に一生懸命ついていっています。

少し大きい方が25日産まれ、小さい方が28日産まれです。
大きい方は人間を親だと思っているのですが、小さい方はどうやら大きい方のヒナを親だと思っているようなのです。
1羽ずつでも実験してみましたが、大きい方は1羽でもスタッフについていきますが、
小さい方だけではスタッフの後にはついていかず、1羽になったためパニックになってしまい
ました。急いで大きい方のヒナを出すと、あわてて走ってきました。

ヒナ12

2羽一緒だととても落ち着いています。
このようにスタッフの足の上でくつろいじゃいました。
たくさん歩いて疲れたのかな??お母さんのお腹の下にいる気分???

現在、前回ご紹介した8日に産まれた3羽と、この2羽の計5羽のヒナの子育てをしています
が、まだまだたくさんの卵が孵卵器には入っているため、どんどん忙しくなりそうです。
そうするとこの2羽ばかりをかまってはいられなくなっちゃいますが、そうしたら今度は皆さん
で、カモさんたちと遊んであげてください!

さて、今日からこの2羽の展示を始めます!
まだ小さいためパワフルなお兄ちゃん達と一緒ではなく、水槽でのガラス越しですが、
とっても可愛い姿を是非ご覧下さいね!





掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。