FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年08月 

ツルたちの山 

8月11日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日はバードスタッフブログ初登場のゾーンからお届けします。
外池の橋を渡ったところにある、ツルの放し飼いゾーンです。

ツル3

ここではホオジロカンムリヅル23羽、カナダヅル1羽、マナヅル2羽が暮らしています。

ツル4

よくお客様から、「あの向こう岸を歩いている鳥は何ですか?」と聞かれます。
あれはツルの仲間ですよ、とお答えすると、驚かれることの方が多いですね。

ツル6

ホオジロカンムリヅルです。
頭のふさふさがとってもおしゃれですね。

でも柵もネットも無い状態で、逃げたりしないのかなと思われた方、
実はこのツル達は、片方の羽をカットしてあるんです。
そうすると両方のバランスがとれず、高い場所や遠い距離までは飛ぶことができません。

でもさすがに夜も放し飼いだと、タヌキやキツネがやってきて危険です。
そこで、夜は山の頂上付近にある寝室に収容しています。

ツル5

夕方、スタッフが夜ゴハンを持ってくると、ツル達が次々と寝室の方へ帰ってきます。
写真は、ツル専用ルートを通ってツルたちが寝室へ帰ってくる時のものです。
道の幅が1羽分なので、きちんと整列して帰ってきます。
時にはスタッフより先に全羽帰ってきている日もあります(暑い日が多いです)。
夜ゴハンは必ず寝室の中でしか与えません。
それによりちゃんと自分で寝室に帰ってくるのです。

でも時にはまだまだ帰りたくないよーっていう子たちもいて・・・

ツル8

迎えに行きます。

ツル7

全羽収容された寝室の中です。
金網で囲っただけの簡単な作りですが、鳥たちは自然の中でいきいきとしています。

ツル1

このツルの山は、カモ池の橋を渡っていくとすぐ近くでご覧いただけます。
そこではツルのごはんも販売していますので、こんな風にツルにもごはんを与えていただくことができますよ。

ツル2

担当の木さん曰く、カンムリヅルは手の平でごはんをあげても大丈夫ですが、
2羽だけいるマナヅルはつつく力が強くて痛いので、カップごと与えていただく方がいいとのこと。あとはツルの近くにごはんを投げていただくのもいいですね。

ツル9

             「えへへー、隠れてみたよ。ぼくススキじゃないよ!」
ちょっと影が薄いツルたちですが、是非忘れずに会いにきてくださいね!



スタッフからのお知らせ!
8月18日(火)
上記の日は、アフリカオオコノハズク ポポが東京でのテレビ撮影のため不在です。


8月12日(水) 18日(火) 19日(水)
上記の日はヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

スポンサーサイト