スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーの尾羽 

2月27日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今年も花粉が猛威を振るい始めていますね。皆さんは花粉症ですか?
私はくしゃみをこらえながらショーに出演しています。

今日はたまたまギャリーさんのお仕事をお手伝いしましたので、その時の様子をご紹介します。またまた鷹匠のお仕事です。

ハリー1

こちら、冬季限定でショーに出演しているシロフクロウのハリーくんの尻尾の部分です。尾羽が一枚、変な方向に折れてしまっているのがわかりますか?
実はこれ、いっちばん重要な尾羽なんです。
その羽と一緒に黒いものがなんだかくっついていますよね。
これは発信機です。そう、ショー出演時、万が一どこかへ飛んでいってしまってもハリー君を探せるように、尾羽の1本に発信機を取り付けていますが、この発信機を取り付けるためのクリップを施術してある尾羽が折れてしまったんです!

これは大変!もし飛んでいる間に完全に折れてパラパラと落ちてしまったら、発信機ごと落ちてしまいます!もしお部屋からのショー会場までの登場の間に落ちてしまったら…池の真ん中にポチャン!です。
しかももしその時に何かにびっくりして逃げたら、飛翔力のあるハリーはどこまでも飛んで行ってしまうため、見つけ出すのは大変です。
前に茶畑や近くの民家、掛川のホテルの駐車場で捕まえたこともあります。

ハリー6

まずは折れてしまった尾羽を切り離します。
こちらがその尾羽。根本についているのが発信機を取り付けるためのクリップです。

ハリー2

そして今度は新しい尾羽にクリップを取り付けます。
一番発信機を取り付けやすい尾羽を選んで、他の羽と区別するため紙を下にひきます。

ハリー3

取り付け完了。取り付けにはペンチと強力ボンドを使います。

ハリー4

発信機を取り付けてみました。
ショーごとに取り外すもよし、いたずらしない子ならずっと付けっぱなしにしてスイッチだけオンオフしてもよしです。
ちなみにこの発信機は「64」と書いてある部分を専用マグネットで触れるだけで、オンとオフができるようになっています。

さて、無事にクリップの付け替えが完了しましたが、もちろんこの間ハリーくんは大人しくはしてくれていません。どんな感じかというと…?

ハリー5

完全に私に抑えつけられていました…。
苦しくはないように安全に保定されていますが、やっぱり何かに縛られるのは嫌ですよね!
ハリーの目がそう訴えているかのようです。
そしてその訴えは目力だけではなく、内ももをしっかり何回も噛まれました…。

はりー2

しばらく機嫌悪いかな?と思いましたが、午前中に施術して、なんと午後3時からのショーにはしっかり出演してくれました!
なんて聞きわけがいいんでしょうね!エライぞハリー!

そんなハリーくんは午後3時からのショーに出演しています。
そして加えてシロフクロウについての日本語でのトークを現在ギャリーさんが練習中ですので、また楽しみにしていてくださいね!
※ハリーはギャリーさんの不在日および強風時・雨天時にはショーをお休みします。
  またご機嫌にもよりますのでどうぞご了承ください。



スタッフからのお知らせ!
3月2日(火) 5日(金) 7日(日) 8日(月)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサ・シロフクロウはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

帰ってきたコムギちゃん! 

2月25日 こんにちは、バードスタッフ副島です。
さて、今回は受付に帰ってきたコムギちゃんをご紹介します。

まず、知らない人の為に簡単にコムギちゃんのご紹介をしますね。

コムギ

種 類 : マガモ
年 齢 : 1歳未満
性 別 : メス
特 徴 : 唯一受付にいるカモ
特 技 : 手乗り・肩乗り・頭乗り(?)
 
こんな感じのコムギちゃんです。

コムギ 

以前展示していたのがストーブの上でした。
ストーブの上といっても、横に熱を飛ばすタイプだったので、上は全く熱くありません。
しかしコムギちゃんの展示は1カ月ほどで断念しました。
その理由は、季節も変わり始め、暖かくなってきたためストーブを撤去することになったのです。
そこで、新しい台が出来るまで、お休みを頂いていました。

コムギ2

そして、それから2か月・・・コムギちゃんの台が完成!!
場所も少し変わりました。

コムギBOX

その名も「コムギBOX」です!!
コムギちゃん専用に作り、ストーブの上よりも広くしました。
早速、コムギちゃんに乗ってもらいました!!

コムギちゃん、どうでしょうか!?

コムギ5

                   「まずまずだねー」

といった感じでしょうか。
最初はそわそわ落ち着きがなかったコムギちゃんでしたが、ほんの1時間足らずで落ち着きました。
しばらく見ているとうとうとし始め・・・

コムギ3

とうとう眠りについてしまいました。
気に入ってくれたようでよかったです!!

コム

そして、実はコムギちゃん人見知りで知らない人が手を出すとかむ事があります。
逆に好きなスタッフが通ると、首を上下に振る行動を見せ、嬉しそうに鳴き始めます。
かむ力自体はそんなに強くはないですが、きちんと人を見分けることが出来るようですね。

肩乗りコム

最後に、コムギちゃんの特技といった肩乗りをご覧いただきましょう!
どうでしょうか?こんなかわいい特技をもったコムギちゃんにぜひ会いに来て下さいね。

※コムギちゃんからのお願い※
・現段階で、私とのふれあいは出来ません!
・人見知りなので、近くにいても見るだけにしてね!






スタッフからのお知らせ!
2月26日(金) 2月2日(火)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサ・シロフクロウはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



新人ルリコンゴウの奮闘! 

2月23日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、新人ルリコンゴウインコについてご紹介します。
14:00から温室内スイレンプールゾーンにて行っているコンゴウインコのトレーニングに挑戦!でベニコンゴウインコが活躍しているのは、皆様すでにご存知ですよね。
公式ブログ「コンゴウインコのトレーニングに参加してみよう!」

今回は新たにショーに参加することになった新人2羽をご紹介したいと思います。

DSC_0239_convert_20100218170526.jpg

こちらが1羽目の新人、ルリコンゴウインコの「ライト(仮)」さん!
えっ?なんで(仮)かって?
実は新人なのでまだ名前はありません。そこでスタッフはいつも右側のケージにいる方を「ライト」、左側のケージにいる方を「レフト」と仮に呼んでいるわけです。

さてこちらのライトさんの練習風景を覗いてみましょう。

繧ウ繝ウ繧エ繧ヲ1_convert_20100218170705

まずは温室横にあるおうちから飛んで登場します。
真ん中に移っている窓からライトさんが登場します。
スタッフが、スイレンプールにある止まり木の近くに立ち、手を振って合図をすると、止まり木に目掛けて飛んできます。

繧ウ繝ウ繧エ繧ヲ2_convert_20100218170823

そして、お客様の待つT字型のとまり木の上まで・・・
みごと着地成功!
着地が成功したところで、しばらくしばらくそのままスタッフがライトさんについて説明をしていますので、トレーニングに参加した記念にお写真を撮るチャンスかもしれませんね!

繧ウ繝ウ繧エ繧ヲ3_convert_20100218170852
4_convert_20100218170303.jpg

お次は少し距離を伸ばして・・・こちらも大成功です!
このようにライトは、お客様とふれあいながらトレーニングを行い、毎日少しずつ飛行距離を伸ばしていきます。とっても優秀なライトさん!
さて、ライトさんの相方のレフトさんはというと・・・。

5_convert_20100218170347.jpg

おっ!こちらも調子よく飛んでいるようです。
レフトさんの練習メニューは、とまり木からスタッフの腕まで飛ぶというものですが・・・

6_convert_20100218170420.jpg

あれ?プールの手すりに乗って寄り道しています。
一体なぜ?

7_convert_20100218170455.jpg

「へへへ・・・。スタッフの腕まで飛んで行くと疲れるんだよな。こうして手すりを歩いて行った方が楽なんだぜ!」

なんとレフトさんはとってもずるがしこい・・失礼とっても頭の良い新人だったのです。
スタッフとインコ、果たしてトレーニングをしているのはどちらなのでしょう!?
そんな新人コンゴウインコとスタッフとの戦いは毎日14:00からふれあい広場前のスイレンプールにて繰り広げられています。
お客様もお気軽に参加できますので、ご来園の際は是非コンゴウインコたちに会いに来てくださいね!



スタッフからのお知らせ!
2月23日(火) 26日(金)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ワシミミズクの赤ちゃん 

2月21日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は前回に引き続き、フクロウの赤ちゃんの様子をお伝えしましょう。
前回の様子はコチラ→ビッグな赤ちゃん誕生!
2月2日頃に孵化した2羽のワシミミズクの赤ちゃん、今はどんな姿をしているでしょう。

ブボヒナ2

むむむ…?これは何かな?
また小澤さんがタワシを出しっぱなしにしたのかな?

ブボヒナ3

じゃーん!日光浴中の赤ちゃんでした!
生後16日目でこんなに大きくなっちゃいました!

ブボヒナ4

2羽の赤ちゃんはいつも一緒です。
ちょっと気温が上がって暑くなっても、絶対に寄り添って眠るため、ハァハァと暑そうにしていることもしばしばです。
それにしてもこの目つき。貫禄が出てきましたね~。

ブボヒナ5

生後18日。安定してきましたので、一般公開が始まりました。
お隣にはアフリカワシミミズク3姉弟。ビッグな後輩たちにちょっとびっくりしています。

ブボヒナ6

土曜日でしたのでたくさんのお客様が赤ちゃんを見て行かれました。
フクロウの赤ちゃんなんてなかなか見ることができないので、皆さん珍しそうにされていましたね。

ブボヒナ1

さて、待ちに待ったごはんタイムです!
つい6日前には、小さく切ったウズラを食べている様子を動画でお伝えしましたね。
それが今はなんと!ハツカネズミを丸ごと丸飲みしています!

その衝撃的なお食事風景がコチラ↓心臓の弱い方は見ない方がいいかも…?
ご注意:この動画にはハツカネズミが餌として出てきます。
     フクロウが肉食であり、動物を食べていることにご理解をいただけない場合には
     視聴をご遠慮ください。




なんと頼もしい…食事が一瞬で終わってしまいました。
こうなると手間がかからなくなってきます。ちょっと右側の子はまだ苦しそうですね。

しかしよく食べます。こんな感じで一日に4~5匹ものネズミをそれぞれ食べています。
これを考えると野生のフクロウの親はすごいですね。
今回のヒナは2羽でしたが、通常3~4羽も育てますので、お父さんフクロウは一日じゅう狩りにでかけなければなりません。
ヒナが大きくなってくるとお母さんフクロウも巣を離れ、狩りに出かけます。
でないとヒナの食欲に追いつけません。
狩りが上手なフクロウしか、子孫を残すことができないわけですね。

よく食べるので日に日に大きくなります。
今日なんて朝と夕方では明らかに大きくなったような気がしたので笑いました。
きっと大きなフクロウに成長するでしょう。
赤ちゃんっぽい姿は今の間だけです。今のうちに見にいらしてくださいね。
これからも赤ちゃんの様子をお伝えしていきますので、私たちと一緒に成長を見守ってくださいね!



スタッフからのお知らせ!
2月23日(火)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


出張に行ってきました! 

2月19日 こんにちは、バードスタッフ副島です。
暖かくなったり寒くなったりと、気候の変化が激しいですね。
体調の管理には十分気をつけましょう!
さて今回は、2月14日にあったペンギンさんの出張の様子をお伝えしたいと思います。

ニゴちゃん

まず、出張したのは、ケープペンギンのニゴちゃんです。
候補としては、カリンちゃんやイチゴちゃんも上がったのですが、この2羽は写真撮影のお仕事があるので、仕方なく断念しました。
このニゴちゃん、実は以前にも出張に行ったのですが、そのときと内容はまったく違います。
その時の記事はコチラ→ペンギンが結婚式に呼ばれました!

浜名湖ガーデンパーク

出張4

今回の出張先は、浜名湖ガーデンパークのイベントでした。
どんなお仕事をしたのかというと、主にイベントに来たお客様とのふれあいです。
なんと1つのテントを貸し切り、花鳥園コーナーを設けました!!

出張7

そして早速お仕事!!
ふれあいの時間は3回で、各15分ずつです。
開始早々、長蛇の列!みなさん滅多にさわることが出来ないペンギンを目の当たりにして、大興奮でした!
ふれあいの時間以外はテントの中で休憩です。
しかし、休憩中も展示は行っているので、間近で見ることが出来るんですよ。

出張1

      「わわ・・・わたし見られてるわー。恥ずかしくて眠れない。。。」

やはり休憩中でも人気のニゴちゃん。
こんなに大勢の人から見られて緊張してるのかな?
と思いきや、

出張2

                     「・・・・・・・」

あれ?
今にも眠りにつきそうですね。
テント内は暖かかったので、とてもリラックスできたようです。
こうして、無事に出張を終えました!!

出張5

       「わたしがんばったわよー!・・・ん?あれはなに??」

ニゴちゃんの視線の先には、

出張3

ソリを楽しむ子供たちの姿が!!
なんと、長野県から持ってこられた雪で、小さな雪山が作られておりソリが出来るコーナーがあったのです。
それを見たニゴちゃん・・・

出張6

             「どう?わたし上手く滑れてるかしら!?」

初滑りにも関わらず、この精悍な立ち姿!さすがです!!
最後はしっかり楽しんでいる様子のニゴちゃんでした。



スタッフからのお知らせ!
2月19日(金)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


クジャクの羽が広がり始めました! 

2月17日こんにちは、バードスタッフ石山です。
春もまだ遠く、寒さの身にしみる毎日ですね。
さて今日は、水辺の鳥広場にいるインドクジャクをご紹介します。
前回クジャクが羽を広げない理由についてお話しましたが、今では羽も伸びて立派になり、頻繁に羽を広げるようになりました。

IMG_2369_convert_20100215180253.jpg

11月にはこんなに短かった羽も。。

PICT0002_convert_20100215180444.jpg

今では、体の倍以上に伸び、地面に付いてしまうほど長くなりました。
なんだかちょっと重たそうですね~。

IMG_5862_convert_20100215180350.jpg

そして、羽を広げて雌にアピールする綺麗な姿も観察できます。

どうだ他の雄よりもボクが一番だろ~!と見せ付けているように近づいてきます。

シロクジャクの雌にインドクジャクの雄が求愛している場面がこちらです。



大きく羽を広げてアピールしますが・・。
雌にはその気がなくどこかへ行ってしまいました。
取り残されて寂しそうな雄クジャク・・これからどんどんアタックして、雌クジャクに気に入られるよう次回に期待しましょう。
雄クジャクが羽を広げる理由は、雌に求愛するためなんですが、広げる時間帯や合図をして広げるといった事は出来ませんので、脅かしたり、追いかけたりしてもダメなんですね。
返ってクジャクが怖がって蹴ってくる可能性もありますので、しばらくクジャクが羽を広げるのをお待ちいただければと思います。

PIC_0111_convert_20100215180412.jpg

そして、クジャクが羽を広げた時が写真を撮るチャンスです!
この様に大きく綺麗に開いた瞬間を狙って撮影されると良い記念になりますよ!
水辺の鳥ふれあい広場には、シロクジャクとインドクジャク両方いますので数分感覚で広げている場面に遭遇します。
是非期間限定ですので、クジャクと記念撮影してみてくださいね!



スタッフからのお知らせ!
2月17日(水) 18日(木) 19日(金)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ビッグな赤ちゃん誕生! 

2月15日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
みなさんはステキなバレンタインデーを過ごされましたか?
私は体調を崩して散々でした…みなさんも流行りの胃腸カゼには気をつけてくださいね!

さて、今日はオメデタいニュースをお届けします!
今年もフクロウのヒナが産まれました!

ブボ1

こちらが産まれた2羽のフクロウの赤ちゃんです!
実は花鳥園グループでこの赤ちゃんが生まれるのは初めてのことです。
というのもちょっと複雑でして、お父さんがトルクメニアンワシミミズク、お母さんがユーラシアワシミミズクという、ハーフの赤ちゃんなんです。
「えっフクロウにも雑種ができるの?」と思われるかもしれませんが、もともと近年までトルクメニアンワシミミズクはユーラシアワシミミズクの亜種であると考えられていたくらい、とても近い種類なので、赤ちゃんができるんですね。
(現在では別種とする説が有力)

このお父さんとお母さんは、加茂花菖蒲園内にある繁殖場にて、もともと同じ種類のお相手と暮らしていたのですが、それぞれ病気や高齢などで連れ合いに先立たれてしまいました。
そこで部屋数の問題もあり、同居を去年からおこなっていたところ、なんとうまくペアになってしまったようです。
ちなみにこのお母さんは高齢にも関わらず、子供を孵すのは初めてのことです。
今の旦那さんが上手いのか…前の旦那さんが下手だったのか…(失敬)
お父さんはというと、花鳥園のムサシくんのお父さんになります。

ブボ母

しかし、ヒナが孵化したものの、ひとつ大きな問題がありました。
こちらが繁殖場にいるお母さんです。約30歳と私よりも長く生きています。
部屋の外から撮影したので画像が荒くてわかりにくいですが、実はこのお母さん、上のくちばしが無いんです。この繁殖場にはおととし動物園との生体交換でやってきたのですが、昔に事故で上くちばしを無くしてしまったとのことでした。
大きなフクロウなので、ヒヨコを丸飲みにできるため、生きる分には支障は無いのですが、
赤ちゃんには肉を小さくちぎって与えなければいきません。
しかし上くちばしが無いと肉はちぎることができないのです。
お父さんもこの仕事はできますが、じゅうぶんではありません。
産まれた次の日から、スタッフがお父さんとお母さんのかわりに育てることになりました。

ブボ4

1羽だけ撮影してみました。生後2日目です。
ちなみに頭のてっぺんが緑色になっていますが、これは2羽の見分けがつくようにギャリーさんが蛍光マーカーペンで着色したものです。
緑の頭なんてロックな赤ちゃんですよね~お笑い芸人のロバートの馬場さんみたい!?

ブボ2

たった数日で見違えるほど成長します。生後6日目でこんなに大きくなってしまいました。
一日4回朝・昼・夕・深夜と、ものすごい量のごはんを食べます。
皮をはいで羽などを取り除いた上で、包丁で骨を細かく砕いたウズラとヒヨコを与えます。

ブボ3

ごはんで顔の周りが汚れています。だんだんとフクロウらしい顔つきになってきますね。
緑のマーカーも少しだけしか残っていませんが、この頃になると身体的特徴に違いが出てきたりしていて、スタッフも見分けがつくようになっています。

ブボ5

そして生後12日目の現在がこちらです。
目もぱっちりあいて、エサを見るとねだります。翼も大きくなってきましたね。



給餌の様子を撮影してみました。
食欲旺盛で、ピンセットまで飲み込んでしまいそうな勢いです。

日に日に大きくなっていく赤ちゃん。
ユーラシアワシミミズクといえばバロンくん、トルクメニアンワシミミズクといえばムサシくんです。
この2羽の赤ちゃんはどちらに似てくるでしょうか?成長から目が離せませんね。
これからしばらくお伝えしていきたいと思いますのでお楽しみに!

※フクロウのヒナは現在はまだ小さいため公開はしておりません。
  楽しみに待っててね!



スタッフからのお知らせ!
2月16日(火) 17日(水) 18日(木) 19日(金)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



ちいさなカモの落し物。 

2月13日 こんにちは、バードスタッフ副島です。

さて、今日の主役は・・

コールダック

                 「だれだれー??」

君たちです!!という事でコールダックたちをご紹介します。
とはいってもコールダックは以前にもご紹介しています。その時の記事はコチラ→ようこそ!コールダック
今回は別のご紹介です。

何かというと・・・

メスアップ

                 「なになにー??」

君たちの卵です!!最近コールダックが卵を産み始めました。
最初発見した時は、マガモにしては時期が早いし、大きさも少し小さいなと思っていたのですが、コールダックの卵という事が分かりました。

孵卵器

卵の大きさは鶏卵よりも少し小さいくらいです。
現在、約10個の卵をフ卵器に入れて温め中です。
温め始めて3日ほどで血管が発生します。なので、3~4日目になると検卵といって卵の中の様子をみます。
“中を見る”といっても割る訳ではないですよ!

オスアップ

                「じゃあどうやるのー??」

まず部屋を真っ暗にします。
そして、卵に強い光を当てると・・・

検卵中

中が見えるんです!!
この卵は約20日目で、血管がはっきり見える状態にまでなっていました。
コールダックの抱卵期間は約1ヶ月なので、孵化まであと10日といったところでしょうか。
掛川花鳥園では、コールダックの繁殖は今回が初めてなのでぜひ元気に産まれてきて欲しいですね!

ペア

            「かわいい赤ちゃんが産まれますように!」

コールダックはカモプールで他のカモやペリカンたちと暮らしています。
ごはんを食べるしぐさや、寝顔などかわいさ満点のコールダックにぜひ会いに来てくださいね。

コールダック白

                「待ってまーーす!」


スタッフからのお知らせ!
2月13日(土) 16日(火)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



ヨウムのドリーさんに恋人出現!? 

2月11日こんにちは、バードスタッフ石山です。

今日は、スイレンプールゾーンにいるヨウムのドリーについて紹介します。
ヨウムというと知能が高く、おしゃべりや物まねが得意とされ、1羽で飼われるお客様も多いかと思います。
当園でも1羽飼いをして人と鳥といった1対1の接し方をし、おしゃべりを覚えたりトレーニングを行ってきました。
そんなヨウムのドリーに、スイレンプールにお引越しをしてから、仲の良いヨウムが1羽ふれあいの小道から遊びに来るようになりました。

CAC0L7GA_convert_20100204191455.jpg

毎朝、ふれあいの小道のドアをお客様が開ける隙を狙って飛んで出て、スイレンプールの上を飛び100m離れたドリーの家までやってきます。
この様にドリーの家の上にいることが多いのですが。。

CAJNI33F_convert_20100204191537.jpg

もっとドリーに近づきたいために下りてきて、ケージ越しに呼びかけあったり、羽づくろいをしあったりすることもしばしば見受けられるんです。

PICT0017_convert_20100204175648.jpg

ドリーが止まり木に移動すると家からこちらにやってきて一緒に止まります。

PICT0004_convert_20100204175511.jpg

そして、そう広くない止まり木に2羽仲良く並んでいる事が多いんです。
今日はお客様に背を向けてなにやらじっとしています。
余りにも動かないので裏に回ってみると。。。

PICT0009_convert_20100204175551.jpg

温室は暖かいため、2羽そろってお昼寝をしているみたいですね。
背中に日差しを浴びて体を温めていたんですね~。

PICT0013_convert_20100204175617.jpg

天気の良い日は2羽でそろってうたた寝をしたり、羽づくろいをしたり、時々「はきもどし」という、仲の良いもの同志やペアになった鳥が行う、餌のプレゼントも行っているようなんです。

このように、仲の良い2羽ですが、ドリーは人に育てられたため、「おはよう、ハロー」などおしゃべりをすることが出来ますが、もう1羽のヨウムは、他の鳥と一緒に暮らし、人と鳥という環境にいなかったため、おしゃべりをすることが出来ません。
ドリーはそんな中でも、お客様に接するときは以前のようにおしゃべりをし、おしゃべりをしないヨウムにもとても自然に振舞って仲良くすることが出来るんです。
一般的には人に馴れてしまうと、同じ種類の鳥同士でも自分が人間と思い込んでしまい仲良くなれなかったり、鳥同士の仲間に入るといじめにあったりするものですが、知能の高さがそういう行動を可能にするのか、とても興味深い姿を見せてくれました。



最後に、ドリーとふれあいの小道から来るヨウムの仲の良い映像を御覧下さい!
羽づくろいする様子が仲のよさを物語っていますね。
この様にドリーの止まり木に一緒にいるヨウムを見かけたら是非観察してみて下さいね!春には良いペアになって、もしかすると卵も生まれるかもしれませんね!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ハッピーバースデー ファランちゃん 

2月9日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
2月9日は肉の日ですね。わたくし小澤今日、不覚にもまたひとつ年をとってしまいました…。
年々誕生日が嬉しくなくなる今日この頃です(?)。

さて、誕生日つながりで今日はあるフクロウをご紹介します。
ファラオワシミミズクファランちゃんがもうすぐ1歳になります!
そんなわけで今日はこの1年のファランちゃんを振り返ってみましょう。

ファラオ1

2009年の2月14日。
バレンタインデーのこの日にファラオワシミミズクのヒナが孵卵器内で孵化しました。
加茂花菖蒲園内にあるフクロウの繁殖場にて、長年ファラオワシミミズクのペアを飼育してきましたが、この親はいつも産まれたヒナを食べてしまう癖がありました。それを防ぐため卵を孵卵器に入れたおかげで、この時初めてヒナの孵化に成功しました。
花鳥園グループではファラオワシミミズクの繁殖は初めてのことで、また大変珍しい種類で日本では他に飼育されているところはなかなか無いため、ひょっとしたら日本で初めてのヒナ誕生かもしれません。
ちなみに産まれたときはヒヨコの心臓を食べるのもやっと、というくらいの大きさで、弱々しかったのを覚えています。

ファラオ3

毎日朝昼夕に加え、夜中もスタッフが出てきてごはんを与えました。
赤ちゃんは見る見るうちに大きくなりました。
この写真は、生後5日目、「目が開いた記念」の日です。

f5.jpg

お休みを貰って次の日出勤するだけで見違えるくらい大きくなっています。
目もぱっちり開いてなかなか美人になりそうです。
そして体の大きさの割りに大変しっかりした脚をしています。
この写真は、生後17日、「脚にリングをはめた記念」の日です。

ファラオ9

1ヶ月半くらいでこんなにフクロウらしくなりました。
お客様の前での展示も早くからスタートした事で、とても人によく馴れたフクロウに育ちました。
この写真は、「初めてお客様に触られた記念」の日です。

ファラン2

そして、生後4ヶ月でこんなに立派な女の子に成長しました。
展示しながら園内でお名前を募集したところ、なんと約1400通もの名前が集まりました!
スタッフたちによる選考の結果、浜松市の神谷香澄ちゃんが考えてくれた「ファラン」というお名前に決まりました。
この写真は、「可愛いお名前決まった記念」の日です。

ファラン1歳

そして現在のファランちゃんがこちらです。
一つ上の写真と比べると、あどけなかった顔がとても凛々しくなっていますね。

ファラン1歳2

お誕生日とバレンタインデーが重なっていますので、ファランちゃんには私のお手製チョコレートをプレゼントしました!
ファランちゃんは女の子なので、私からのチョコは逆チョコかな?いや友チョコかな!?
ちなみにこのチョコは品質保証の100%段ボール製となっております!
(本物のチョコレートを動物にあげるのはやめましょう。カカオ中毒で死んじゃうよ!)

もうすぐ1歳のファランちゃん。
2月14日にお越しいただいた方は、「誕生日おめでとう!」とファランちゃんに声をかけてあげてくださいね!



スタッフからのお知らせ!
2月10日(水)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


ペンギンさんからクイズ!第1弾 

2月7日 こんにちは、バードスタッフ副島です。

さて、今回はペンギンさんからクイズを出したいと思います。
クイズの出題者は・・・

ゴゴちゃん2

「ジャーーン!!ぼくでーす!!今何をやっているかって?大好きなスタッフにプレゼントを届ける途中さ!」
という事で、今回は新聞を持ってくるペンギン、ゴゴちゃんからの出題です!
写真ではトイレットペーパを持っていますが、これは最近覚えました!!

では早速ですが、まずはこちらをご覧ください。

アジ

いろんな大きさの魚が並んでいますね?
では、ゴゴちゃん、出題をお願いします!

ゴゴちゃん1

「はーい、では問題です!ぼくたちは、並んでいる魚のなかでどの大きさまで食べる事が出来るでしょうか?そして、1回に何匹の魚を食べるでしょうか?」

ペンギン

ヒント1:「僕たちの身長は70センチくらいだよ!」
魚の大きさは1番小さいのが13センチ、1番大きいのが20センチくらいです。

くちばし

ヒント2:「口はこれくらいだよー!」
くちばし自体は大きく見えませんね。実際どうなのでしょうか?

ゴゴちゃん4

ヒント3:「ケープペンギンの平均的な体重は2.4~4.0キログラムだよ!ぼくの体重は・・秘密です!!」
オスとメスでは少し差があります。体の大きさから考えると小さい魚を2~3匹くらいですかね?ちなみに、ゴゴちゃんは掛川花鳥園のペンギンさんの中で一番おおき・・ではなく、体格がいいです。

さあ、3つのヒントが出ましたが分かりましたか?
では早速、小さい魚から食べてもらいましょう!

ゴゴちゃん5
ゴゴちゃん6

と思いきや、いきなり一番大きい魚から食べてしまいました・・・。
・・・ということで、正解は、ゴゴちゃんお願いします。

ゴゴちゃん3

「全部食べれちゃいます!!しかもこの大きさを1回に2~3匹食べちゃいます!!えへっ!」

実はペンギンさんは体の割りにすごく食べます。
時期やその日の体調、個体によって多少差はありあますが、一番小さい魚でしたら1回に20匹以上食べてしまうこともあるんですよ。
そして、当園では10時からと15時半からペンギンさんにごはんがあげられます!お客さまも1回100円であげられるのでぜひ体験してみてくださいね。

ゴゴちゃん

  
                「おなか空かせて待ってまーす!」



スタッフからのお知らせ!
2月10日(水)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


アンソニーの新しい特技を披露! 

2月5日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、ヨウムのアンソニーについてご紹介します。
アンソニーが、スイレンプールゾーンに来て約4ヶ月が経とうとしています。
この場所にもだいぶ慣れ、公式ブログでも紹介があるようにお客様とのふれあいを楽しんでいるようです。

PICT0012_convert_20100130132120.jpg

ヨウムのアンソニーの性格は陽気で明るいため、お客様を見かけると「あそんで~」と止まり木の上をウロウロし、羽をバタバタさせてアピールすることが多く、お客様もその様子を見て腕に乗せたり、得意なものまね「ハロー、おはよう」を言って楽しんでいる事が多く見受けられるんです。でもアンソニーは腕に乗るとなかなか止まり木に帰ろうとしないので、腕に乗せる時は少し覚悟がいるかもしれませんね、もし帰らない場合はお近くのスタッフに声をかけて下さればすぐ戻りますのでご安心下さい。

PICT0011_convert_20100130132053.jpg

そんな愛嬌のあるアンソニーですが、早く止まり木に行きたいためにある特技を覚えてしまいました。
ごらんの通りアンソニーの家の入口には南京錠が付いていますね。

PICT0009_convert_20100130132023.jpg

ヨウムは知能が高いため、ナスカンや簡単な鍵だと上手にクチバシと足を使って開けてしまうのですが、アンソニーを休憩させる時スタッフが鍵をかけ忘れたことから、どうやらこの特技を覚えてしまったようなんです、それがこちらの様子です。



休憩のために家に入れた所、こうして自分で鍵を開けて出てくることを覚えたんですね~。
なんだか得意げになって出てくるアンソニーが、なんともいたずら好きなヨウムならではの行動のように思えます。

PICT0021_convert_20100130132343.jpg

この愛嬌たっぷりのアンソニーは、スイレンプールゾーン入ってすぐ横にいますので「ハロー、おはよう」と話しかけてみて下さいね!
こうやって手を差し出すと、待ってましたとばかりに足を乗せてきますよ!

次回は、もう1羽のヨウムのドリーになんと、恋人出現の知らせが舞い込んで来ましたのでご紹介したいと思います、
どうぞお楽しみに!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


恋するバロンちゃん 

2月3日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
寒い日が続きます。関東地方では積雪があったみたいですね!
最近バードスタッフ内では風邪が流行っています。皆さんも体調管理には気を付けてくださいね。

さて、フクロウたちは今が繁殖期、恋の季節です。
以前も、多くのフクロウたちが産卵しているというお話をしましたが、(たまごタマゴ卵!
そんな中、恋するフクロウがいますので、ご紹介します。
ユーラシアワシミミズクバロン くんです。

バロン2

こちらがバロンくんです。
4年前に富士花鳥園で産まれ、赤ちゃんの時に当園へやってきました。
今はふれあいゾーンのポポちゃんのお隣で、皆様をお出迎えしています。
そんなバロンくんですが、去年の冬から求愛行動をとるようになりました。
大型フクロウの性成熟は生後3~4年頃と言われていますので、まさにお年頃です。

そんなバロンくんの恋する相手とは…?

バロン

恥ずかしながら、わたくし、小澤です!

はじめは、私がやってきたときだけ聞いたこともない声でよく鳴く、という行動が見られました。
羽角をピンと立てて尾羽も上げ、のどをふくらませて低い大きな声でホーホー言うのです。
わたしにだけそのように鳴くので、嫌われているのだと思っていました。

しかし、ある時いつものようにバロンを出勤させるため、部屋から連れだそうとしたときです。
またホーホー鳴きながら腕に飛び乗ってきて、グローブの上で足踏みをはじめ、お尻をこすりつけてきました!
実はこれ、フクロウの交尾行動なんです。
本当はメスの体の上に乗って交尾をするんですが、なんと私はバロンくんから恋心を抱かれていたようです!
ホーホー言われていたのはプロポーズだったんですね。
赤ちゃんから人間に育てられているバロンくんは恋の対象も人間のようです。

そして、こちらが現在のバロンくんの様子です。



巣、もとい自分の部屋に私を大きな声で呼びこみます。
ぜひ音量を大きめにして再生してみてください。
「グエ!」と聞こえる大きな声は隣のてんかちゃんの餌鳴きです。
「ホーホ」という低い声がバロンくんのプロポーズの声です。
うまく巣までメスを誘い込めた(!?)ということは、交尾OKです(!?)。
私の足に飛び乗って、交尾を始めました。
それでも私の足はフクロウが乗るようにはできていないので、バランスがとれず、うまくいかずにすぐに降りてしまいます。



すぐにリベンジしてきました。
ちなみに足に交尾をしてくるのは、私が足をわざと差し出しているためです。
でないと腕から肩、頭にまで登ってきて交尾をしてしまいます。
バロンくんは小柄なタイプですが、ユーラシアワシミミズクは世界最大級のフクロウです。
足踏みをされるときに大きな爪でひっかかれ、首とほっぺたに大きなミミズバレができてしまったので、足で我慢してもらっています。
また、メスの首の後ろを噛んでバランスをとることもあるようで、私もひざを噛まれたのですが、一週間たってもとれない大きな青あざができてしまいました…。

バロン3

とってもパワフルな猛アタックに、ちょっぴり困惑してしまいますが、愛されて嫌な気はしないものです。そんなバロンくんが私も大好きです。これからも愛し愛されていきたいと思います!

それにしても…フクロウのメスって大変だなぁ…。



スタッフからのお知らせ!
2月3日(水)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


イチロウくんを探してみよう! 

2月1日 こんにちは、バードスタッフ副島です。
さて、今回はエミュー牧場からお送りします。

イチロウ

そして、ご紹介するのは23羽のエミューの中で一番馴れているイチロウくんです。
どれくらい馴れているかというと、

イチロウ3

イチロウ4

これくらいです!!
こんなに触っても逃げることなく、逆にリラックスしていますね。
他のエミューも人には馴れていますが・・・イチロウくんのようにベタ馴れはしていません。

スタッフがエミュー牧場内の掃除をしている時もずっと後ろをついてきます。
普段は良いのですが・・・掃除のときはちょっと迷惑かも。。
それでも、これだけ馴れてくれるととてもうれしいですね。

それにしても、スタッフは23羽のエミューの中からどのようにしてイチロウくんを見分けているのでしょう?
まきま”のように特徴があるのでしょうか?
実際に担当のスタッフに聞いてみる事にしました。

エミューたくさん。

その結果、
①頭の形が違う!

②顔が違う!

③他のエミューとオーラが違う!!

という答えが返ってきました。
3番は・・・?という感じですが、さすがスタッフ!という答えですね。

イチロウ頭

エミュー頭

私もエミューの担当で、私の見分け方は頭の髪の毛(?)の量目つきです。
イチロウくんの頭は、他のエミューと比べて髪の毛が少ないのでとてもわかりやすいです。
写真で見比べると良く分かりますね。
ちなみに髪の毛が少ないのは年は関係ないですよ!!それぞれ違う髪形をしています。
今では、10メートルくらい離れていても、イチロウくんを見つける事が出来ます。

イチロウ2

以上をふまえて、皆さんもイチロウくんを探してみてはいかがでしょうか。
見分けがつくようになると愛着が湧きますよ。

スタッフからのお知らせ!
2月2日(火) 3日(水)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。