スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクトウワシのテレビ出演 

8月1日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は先日ありましたテレビ撮影もからめまして、
ハクトウワシのタテナギと、ワシタカの眼 についてご紹介します。

タテナギ4

こちらいつも15:00の鷹匠ショーに出演している、ハクトウワシのタテナギです。
隣のギャリーさんと比べても、とても大きいことがわかりますよね!
ハクトウワシは漢字で書くと白頭鷲ですが、このタテナギはまだ若いため、
全身が茶色の幼鳥の色をしています。
タテナギという名は、ハクトウワシの生息するアメリカの先住民族インディアンの言葉で
「風」という意味があるそうです。素敵なネーミングです。

タテナギ2

このタテナギにテレビ出演のお話がありました。
テレビ愛知の教えて!メリ夫くんという、小学生の質問の答えを調査し紹介する番組です。
今回、「ワシはどうして視力がいいの?」という質問に答えるため、花鳥園に取材に来られました。

タテナギ3

空を見上げるタテナギ。ショー終了後なので疲れたのか開口呼吸をしています。
ワシはなんと、1000m上空から、5km先の獲物が見えるそうです。

タテナギ5

ワシの頭はヒトの頭よりとても小さいですが、眼球自体はヒトと同じぐらいの大きさがあります。
より望遠鏡に近い構造になっており、遠くのものが見えます。ヒトの約8倍の視力です。
目の上に張り出た部分が直射日光を避けるひさしの役割をしています。

極めつけは、眼球の中の中心窩(ちゅうしんか)という、特に目の中で感度がいい部分が、
ヒトには一つしか無いのに対し、ワシタカの仲間には二つあるのだそうです。
このことにより、私たちは例えば一つのものに気を取られてしまうと周りを見過ごしてしまったりしますよね。
しかしワシタカは、まっすぐ前を向いて空を飛んでいながら、自分の下の方の地面もはっきり見ることができるのだそうです!
はっきりと見える部分が広範囲あるということですね、すごい!

ちなみに、去年は真っ黒だったクチバシが黄色に変化してきています。
大人は鮮やかな黄色です、徐々に成鳥に近づいてきているようですね。

タテナギ1

ついでにハリスホークの飛行ショーも撮影していかれました。
この日撮影された「教えて!メリ夫くん」はテレビ愛知にて8月14日放送です!
なんと掛川では見ることができません…。見たよ!という方はコメントくださると嬉しいです。



最後はハクトウワシのタテナギのショーの様子です。
しかしこれはやっぱり動画と生で見るのとでは迫力が違いますよ。
是非ご来園いただきこの大迫力を体感してみてくださいね!



スタッフからのお知らせ!
鷹匠ギャリーさんの不在日→ 8月1日(土) 3日(月) 5日(水) 10日(月) 12日(水)
上記の日はヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/109-1121e0a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。