スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクトウワシの体の色は 

9月30日 こんにちは初めまして、ギャリー・ダイヤーです。
今日のブログは小澤さんに代わって僕がお伝えしたいと思います。

今日皆さんにご紹介するのは、ハクトウワシの体の色についてです。
現在掛川花鳥園には、ハクトウワシのタテナギがいますが、実は花鳥園の近くにある予備施設にて、トレーニング待ちのハクトウワシがあと2羽います。
計3羽のハクトウワシたち、実はどれも少しずつ体の色が違うので、写真を交えつつご紹介します。

まず、幼年期です。

ワシ6
ワシ7

ハクトウワシのタテナギの頭と尾羽です。
0歳から3歳までのハクトウワシは全身茶色い色をしていて、目も茶色です。
ハクトウワシは漢字で書くと白頭鷲、大人は頭と尾羽が真っ白になりますが、
産まれて数年はこのような色をしています。なぜ成鳥と違う色をしているのかというと、
成鳥のなわばりにこの色のワシが入りこんでしまっても、敵だと認識して攻撃されないようにです。若いワシはゆるしてもらえるんですね。


次は、若年期です。

ワシ8
ワシ9

予備施設で飼育している2羽のうちのオスのハクトウワシです。
3歳から5歳までの間に、頭と尾羽が白く変化します。まだ目は茶色のままです。
面白いのは、黒い羽根が抜けて白い羽根が生えてくるのではなく、そのまま羽根が生えた状態から色が変化していくという点です。
このオスはタテナギのものよりも尾羽が写真では黒く見えますが、実際はこのオスの方が白いです。


そして成年期です。

ワシ2
ワシ3

こちらは予備施設内のもう1羽のハクトウワシ、メスの方です。
5歳から6歳以降は、成鳥の色になり、頭と尾羽は白く、目も白くなります。
まだ若干黒い羽根が残っていますが、これぞ白頭鷲!という感じですね。

花鳥園のタテナギは現在ちょうど若年期に入ったところで、尾羽が白くなり始めました。
人間で言うとちょうど10代の反抗期といったところでしょうか?
言うことを聞かずよく私を困らせます(笑)。


ではなぜハクトウワシはこのような色をしているのでしょうか。
今から3種類のワシの写真をご紹介します。

ワシ1
ハクトウワシ 

ワシ5
オオワシ

ワシ4
オジロワシ

これらはどれも魚をたべるワシたちです。
写真からご覧いただけるように、3種類とも尾や頭、肩など体の一部に白い部分がありますね。そして体は黒または茶色と濃い色をしています。
なぜこのような色をしているのかというと、この体で水面を飛んでも、水中から魚たちが上空を見上げたときに、白い部分は空と同化してしまって鳥の形には見えず、魚に気付かれずにすむからなんです!すごいでしょ!?

ちなみにオオワシとオジロワシの写真は、僕が去年の2月に北海道に旅行に行った時に撮影した、野生のワシです。日本にもこんなにカッコいいワシが生息しているんですよ。
(えっ?写真撮るのうまいですねって?)


いかがでしたか?ワシたちの魅力が伝わりましたでしょうか?
これからもときどき、猛禽類のことをご紹介できたらと思っていますので、よろしくお願いします!また今しか見ることができないタテナギの茶色い顔も、花鳥園へ見に来てくださいね!



スタッフからのお知らせ!
10月1日(木) 2日(金) 5日(月) 6日(火) 
上記の日はハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



スポンサーサイト

コメント

ichitoさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
北海道ではたくさんワシを見ることができてラッキーでした。
写真はたくさん撮って帰ってきました。気に入ったのは大きくして壁に飾っています。
ワシのくちばしはだいたいみんな同じです。
上のくちばしはナイフの役割がありますが、下のくちばしは肉を押さえる役割だけです。
またおいおいやっていきますのでよろしくお願いします。

  • [2009/10/03 14:27]
  • URL |
  • ギャリー&小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

もんじろーさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
タテナギもだんだん大人に近づいてきています。
これからのタテナギも楽しみにしていてくださいね。

  • [2009/10/03 14:20]
  • URL |
  • ギャリー&小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ギャリーさん写真お上手です

北海道で日本のワシも見てくださったんですね。 以前私も流氷を見る船からオオワシとオジロワシを見ました。 たくさんいて感動だったのですが、遠くて写真の森のオオワシみたく格好いいのは見られませんでした。
それにしても猛禽類の羽は抜け替わりにくいとの事でしたが、そのまま色が変わっちゃうなんて驚きです。 すごいですね。
ハクトウワシのくちばしは下側はまっすぐなんですね。 他のもそうなのでしょうか? 肉をちぎるイメージから上も下も尖っているような気がしていたのですが違うんですね。
また色々と教えてください。

若鳥のタテナギ

若鳥のタテナギもカッコ良いですが 成鳥のワシって体が締まってて ムキムキですねー 本物が見たいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/139-06dfb545

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。