スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしくらまんじゅう? 

2月2日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
毎日寒いですね~。フクロウたちはどのようにこの冬を過ごしているのでしょうか?
今日は、フクロウの展示室のうちの1室で起こっている不思議な現象をご紹介しましょう。

4羽2

まずはこの写真をご覧ください。茶色の容器の中にフクロウがモゴモゴと集まっています。
ここでいきなりクイズです。この写真には何羽のフクロウが写っているでしょう?
正解は・・・

羽角

4羽 でした!
水色で囲った部分に、隠れている1羽の羽角(耳のような羽)があるのがわかりますか?

4羽

こうなると4羽いるのがわかりますね。
このフクロウたちはインドオオコノハズクという種類の小型のコノハズクの仲間です。
いったいこの4羽のフクロウは集まって何をしているのでしょうか?
寒いからおしくらまんじゅうでもして体を温め合っているのかな?

卵2

違いました!なんとみんなで協力して卵を温めていたのです。
全部で5個の卵がありました。

インド1

ちょっと拝借。小さな卵ですが、体の割にはかなり大きな卵を産みます。
「早く返しなさいよ~」という視線が下から・・・。

威嚇

すぐに卵をお返ししましたが、その後1羽がこのポーズ。
「これ以上近寄るな~早く帰れ~」 と羽を大きく広げて威嚇のポーズです。
繁殖期の鳥というのはこんなにも強くたくましく、人間にだって向かってきます。

こんなにみんなで協力して温めているのですから、可愛い赤ちゃん誕生に期待が高まりますが・・・?残念ながら、5個すべて無精卵でした・・・。
どんなに温めてもオスの精子の入ってない無精卵では、ヒナが産まれることはありません。
この4羽の性別はわかっていないので、期待していたのですが、ひょっとしたら4羽ともメスなのかもしれません。すごい確率だ・・・がっかりです。
もしくはオスがちゃんといるのも関わらずモテないか、どちらかですね!

どうやらこの4羽、今はやりの婚活が必要なようです!
私たちスタッフがお見合いパーティを開催してあげないといけないようですね。
我こそは!というインドオオコノハズクの男子諸君!お待ちしていますよ~



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

かすみさんへ

コメントありがとうございます。
この4羽は本当に仲が良くて、容器を入れる前からよく止まり木の上でも連なっていました。
一見すると、水入れと同じ容器なのでお風呂につかっているようにも見えるかもしれませんね。

水辺の鳥ゾーンの大きな木箱…というとドアの隣にあった物のことでしょうか?
オウギバトの巣床として設置してありましたが、全く入らないため取り外したようです。
スタッフの努力むなしく気に入ってくれない場合が多いので、日々改良していろいろ試しています。
それを考えるとフクロウって「何でもOK」なタイプだなーと思います。

  • [2009/02/04 11:37]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ichitoさんへ

コメントありがとうございます。
4羽ともが産卵したのかはわかりませんが、少なくとも2羽には、産卵すると抱卵するためにお腹の羽が抜ける、「抱卵斑」を確認しました。
実はこの5個の卵の前にも何個か産んでいて、床に産み落として割れていたためこの容器を入れたところ団子になりました。
よって4羽ともが産卵期に入っていた可能性はあります。
でも4羽のお腹の下を見てみると、2羽ぐらいがほとんどを抱いていて、あとの2羽は「いるだけ」だったりするんですよ。
さみしいから集まっているだけなのかもしれませんね。

  • [2009/02/04 11:09]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

にぃさんへ

コメントありがとうございます。
実はフクロウはみなポポちゃんのように細くなったり大きくなったりする習性を持っています。
でもポポちゃんのアフリカオオコノハズクが一番細くなるため、ポポちゃんにスポットライトが当たったんです。
このインドオオコノハズクは、ひょっとしたら大きくなるのはポポちゃんよりも上手かもしれませんね。

ケンちゃんとロックちゃんの産卵はぴたっとやみました。
婚活…いろいろ考えてみますね。

  • [2009/02/04 11:02]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

私も気になっていました

 私も気になっていました。周りにスタッフの方もいなかったので、何故かを聞けずじまいで帰宅しました。スピックスはよく団子になっているのですが、それ以外のフクロウでは見たことがありませんでした。小澤さん、ありがとう。謎が解けてすっきりしました。謎といえば、水鳥の温室入口上にある木の箱も気になるのですが。

なんとも不思議な・・・

コノハズクさん達はどうして皆さんで卵を温めているのでしょうか?
やはりつがいではなかったから?
スタッフの方でも、敵対視のがやはり産みの親なんでしょうか? でもって、卵を温めているのを見ると”私も、私もするの”なんでしょうか。
それとも、みんなが産んだのでしょうか?
適齢期、婚活。 悩ましいですね。

楽しい写真です!

フクロウがダンゴ状態になっているの初めて見ました。細くなったり膨らんだり、ポポちゃんと同じような威嚇ポーズをするのですね?
ケンちゃんとロックちゃんの卵も、孵らない卵のようでしたし…婚活がんばって下さい!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/14-4c60445e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。