スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキノワテリムクの子育て風景。 

10月14日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、以前巣を作っていたテリムクたちにヒナが生まれましたのでご紹介したいと思います。

スイレンプールゾーンにいる小さくて青い鳥さん、お客様からもよくあの鳥の名前はなんですか?と聞かれることがあります。テリムクには2種類いて、尾羽が長くて胸が黄色いテリムクが、キンムネオナガテリムク、尾羽が短くて胸が三日月のように白い方がツキノワテリムクという種類です。
キンムネの方が慣れていてお客様の手からごはんを良くもらいますが、ツキノワの方はまだ怖がりな所があり、お客様の手に乗ることはできないようです。
しかし、少しずつですが、手からでもごはんを貰える様になってきていますので、まずごはんの入っているカップをそっと近づけるところから始めると、テリムクたちも沢山集まってきますよ!

繝・Μ繝�繧ッ+019_convert_20090819184027

最近良く見かける光景ですが。。
こちらツキノワテリムクが、クチバシに巣の材料を集めてせっせと運んでいることがあります。
そしてその先には。。

PICT00280.jpg

PICT00020.jpg

壁の天井ネットの隙間に、住居を作るためなんですね~

PICT00410.jpg

巣の材料は、枯れ草や他の鳥の羽、ティッシュなんかも材料として使っているみたいですね。

PICT00200.jpg

親鳥が帰ってきました。
こちらをチラチラ気にしながら、安全かどうか確かめて巣に戻ります。

PICT00380.jpg

ちょっとピンボケになってしまいましたが、巣の中には親の運んでくるごはんを待っているヒナが、いました。
口をあけると中はとても鮮やかな黄色をしています。
ちょっと写真を撮るために揺らしてしまったら、親が帰ってきたのと間違えて、黄色い口を目いっぱい広げてごはんを欲しがる姿を見せてくれました。

繝・く繝弱Ρ繝・Μ繝�繧ッ_convert_20091013194605

そして、こちらがテリムクの卵です。2.5cm位の小さな卵で緑色をしてるんですね~。
隣にいるのは生まれて間もないヒナなんですよ!最初は羽毛も生えてなくほとんど赤裸の状態なんですね。
この卵ももう少ししたら生まれそうでした。

ヒナが大きくなるにつれて、ごはんを親鳥にねだる声が大きくなってきますので、歩いていると上の方からヒナのなく声が聞こえてくるかもしれませんね。
このスイレンプールゾーンにどうやら確認しただけでも、5箇所巣があることがわかりました!
また、近いうちにこれらのテリムクたちの巣から、ヒナの元気な泣き声が聞こえてヒナラッシュが始まりそうな予感がしてきます!次回も元気なテリムクのヒナたちをご紹介できたらと思いますのでみなさんお楽しみに!


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/148-a2efcc45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。