スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥さんの宝物-ペンギン後編- 

12月21日 こんにちは、バードスタッフ副島です。
さて、今回は以前お伝えした“鳥さんの宝物-ペンギン前編-”のその後をお伝えします。

ペンギン

以前ご紹介してから、約1カ月半が経ちました。
あれから卵はどうなったのでしょうか?順を追ってご紹介します。
卵に変化が見られたのは、12月上旬のことでした。
繁殖小屋のところに行くと、わずかながら鳴き声が聞こえました。
もしやと思い、巣箱をのぞいてみると・・・

巣箱

・・・?
特に変化は見られませんでした。
と思いきや、やはり『ピーピー』と声がします。
サンゴくんの奥さん、ちょっと失礼。と卵を見ると、なんとはしうちが始まっていました。
※下の写真のようにヒナが卵の殻を割る行動。

巣箱2

はしうち

ペンギンの抱卵期間は、約40日で、ヒナは、1~2日かけて卵を割ります。
次の日の朝、昨日より大きな声がしたので確認してみると孵化していました!!

ペンヒナ2

何とも可愛いらしい?ヒナが誕生していました!
孵化してすぐの重さは、約80グラム、大きさが15センチほどでした・・・・が、
孵化3日目になると、体重は100グラムを超え。。。4日目には120グラムを超えていました。
なんとも早い成長です。

ここで、みなさんにはお知らせしていませんでしたが、実はサンゴくん家の隣では、2週間ほど前に産まれたヒナがいました。

ペンヒナ4

たった2週間の違いとはいうものの、大きさには驚くほどの差が見られます。
鳥は驚くべきスピードで、成長する為これほどの差がでます。これだけ成長が早いので、ごはんの量も多いです。
繁殖していない子たちは、ごはんの回数は1日2回ですが、サンゴくん達は1日3回です。

吐き戻し

こどもは、最初は魚をそのまま食べれないので、親がは吐き戻しを行います。
親が食べた魚を、一度消化してやわらかくしてから、子に与える行動(インコ類の場合は、ペアでも行う)。
つまり、必然的に親へのごはんの量が増えるわけですね。

ヒナの全体公開は、12月下旬からを予定としていますので楽しみにしていてくださいね。
また、ヒナの展示と一緒に、いろいろな展示も考えていますので、そちらもご期待下さい。

ペンヒナ
             
                 『みんな会いに来てねー!!』



スタッフからのお知らせ!
12月21日(月) 22日(火)
上記の日はハクトウワシ・ラナーハヤブサはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/179-b25a2372

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。