スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモプールの大掃除 

2月6日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は、約2か月に1度掛川花鳥園で行われるお仕事についてご紹介しましょう。
それは、カモプールの大掃除です。

掃除3

こちらが掛川花鳥園の、通称 カモプール です。
このプールではオシドリやアカツクシガモなどの11種類約200羽のガンカモ類と、2種類3羽のペリカンたちが生活しています。
表面上はキレイに見えても、実はプールの底には鳥たちの糞がヘドロとなって蓄積しています。この汚れなどを取り除き、水をすべて新しいものに替えるのがプール掃除です。

掃除4

水をお昼過ぎ頃から抜き始めます。
なんと約100トンもの水が入っていますので、全部無くなるのに2~3時間もかかります。
だいぶ水が無くなってきたところで掃除が始まります。

掃除2

ホースから出る水の水圧で、底に溜まった汚れやヘドロを排水口の方へ流していきます。
驚く事にこの大きなプールの掃除をスタッフが一人でおこなっています。

掃除5

居場所が無くなって肩身の狭そうなガンやペリカンたち。
ちゃんと掃除の邪魔にならないところにすすんで移動してくれます。

掃除1

一方で中型のカモたちはというと、何やら忙しそうでした。
みんなくちばしを水の中に突っ込んでいますね。
普段はなかなか拝めないプールの底。
何か美味しいものが落ちているかも・・・宝探しに夢中です。
ときどきペリカンがキャッチに失敗して落とした餌のお魚が見つかるよ、とカモさんが言っていました。

掃除6

さぁ、新しく水を入れてキレイになったプールです。
ってあんまりキレイになったように見えない???なんだかお水が真っ黒ですね。

掃除7

新しく出てくるお水に、色がついているのがわかりますか?
実は、掛川花鳥園のカモプールと水辺の鳥ゾーンのお水は、花鳥園の地下約70mから汲み上げた地下水を使用していて、その水が茶色い色をしているんです。
この地下水がどうしてこのような色をしているのかはわかりませんが、鳥たちに害は無いようです。聞いた話によると、シベリアの方でもこのような色の地下水が出るんだとか。
正直な話、このプールに水道水を使用していたのでは、入園料をもっと高くする必要があります・・・。
ちなみにペンギンプールでは、ペンギンたちが水中を潜って泳ぐ姿を見ていただきたいため、透明な雨水を使用しています。

キレイになったプールで元気に泳ぐカモやペリカンたちに是非会いに来てくださいね!

掛川花鳥園は年中無休で営業しておりますので、開園中にこのような清掃や工事が予告無くおこなわれることがあります。その際、悪臭や騒音などでご迷惑をおかけする場合がございます。申し訳ありませんがご了承ください。


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

かすみさんへ

コメントありがとうございます。
温泉…お湯とまではいきませんが実はこの地下水、触るとほのかに温かいです。
冬の外気温よりは確実に温かいので、カモたちは陸地よりも泳いでいた方が快適なのかもしれません。
効能は何かわかりませんが…。

  • [2009/02/06 18:26]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

温泉?

 鳥さん達は冷たいけれど温泉に入っているということかな(笑)?ちょっと羨ましいな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/19-f82fec1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。