スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天敵から雛を守る父、アフリカレンカク! 

4月12日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、アフリカレンカクのヒナが、またまた生まれましたので、ご紹介したいと思います。
今回も卵は4個抱卵していましたが、無事に生まれたのが1羽のみでした。
本来は、アフリカの睡蓮地帯に住むアフリカレンカクの雛が成鳥になるまでの確率はなんと26%!。
その事からも成鳥になるまでは卵が4個生まれても、1羽か運がよければ2羽大人になれば良い方なんですね。
さて今回は、この1羽をお父さんレンカクが、愛情をこめて育てている様子をご覧ください!

繝ャ繝ウ繧ォ繧ッ縲�繝偵リ_convert_20100411135018

1羽のヒナをお父さんレンカクは大切そうにしていますね。
この花鳥園のスイレンプールは、自然界と違って、レンカクを襲う危険な生き物はいないとお思いかもしれませんが
お父さんレンカクは体を張ってヒナを守っているんです。
例えば・・・。

繝・Μ繝�繧ッ_convert_20100411135000

テリムクたちは、レンカクたちのヒナが食べるごはんを、横取りをしようと集まってきて、レンカクのヒナがごはんを食べられない!
と言うこともあるんです。
そこは、お父さんレンカクの出番!ごはん目掛けてテリムクたちを追い払います。
警戒の甲高い声を出して羽を広げ勢いよく近づきます。テリムクたちはそれに驚いて一斉に飛び立ちます。
これでお父さんレンカクのおかげで、ヒナは安心してごはんを食べる事ができます。
そして、生後1週間位までは、体長6cm~10cmととても小さな体なんですが・・・。

鬲喟convert_20100411135119

スイレンプールの水中に潜む魚たち「イズミダイ」も実は危険なんです!いつもお腹が空いている彼らは、
動く物を見ると食べてしまう勢いなんです。
大きいイズミダイは体長約30cmもあるため、その気になれば大きな口でレンカクの
ヒナも一飲みなんですね。
一見平和に見えるスイレンプールにもレンカクのヒナにとってみれば、危険な物が多く存在するんですです。

蜈・繧具シ狙convert_20100411135150


蜈・繧具シ胆convert_20100411135243

蜈・繧具シ点convert_20100411135316

そこで、お父さんレンカクは、雛を守るために考えたのが、翼の下にヒナを挟んで移動をする事なんですね。
その他にも羽の下は保温性がありとても温かく、ヒナにとって安心できる一番の場所でもあるんです。
繝ャ繝ウ繧ォ繧ッ縺ョ繝偵リ0縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20100411170241
そんな温かなお父さんレンカクに見守られながら、日に日にヒナは成長しています。
スイレンプールゾーンを入って直ぐのプールに、レンカク親子はいますので
是非、足を止めて成長ぶりをご覧になって行って下さいね!



スタッフからのお知らせ!
4月12日(月) 15日(木)
上記の日はハクトウワシ・ハヤブサ・シロフクロウはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

掛川花鳥園も、Twitterを始めました!
アカウントはkakegawakachoenです。「花鳥園」と検索していただいてもご覧いただけます。
毎日鳥たちの様子や売店や喫茶での新商品情報、園内の状況など生の声をお届けします!
過去ログは、以下のURLでご覧頂けます。
http://twilog.org/kakegawakachoen


掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/239-6e2eab1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。