スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモちゃんの執事 

2月24日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は最近うまれたカモプールの異色カップルをご紹介しましょう。

オナガ1

「こんにちは、わたしはマガモの可愛い女の子!
 生まれつき人より下に垂れてしまった翼がわたしの目印よ。
 実は最近、人生が変わってしまうような出来事があったの。それは・・・」

オナガガモ2

「ある男性がずっとわたしの後をついてくるの!しかも見慣れない格好をしているのよ!
 わたしのよく知っているマガモの男の子たちとは違って、白い首にとっても長いしっぽ、
 白いシャツに黒の燕尾服を着ているみたいで、まるで流行りの執事みたい!
 とっても紳士的な方なんだけど、なんていう種類なのかしら・・・」



「皆さんも見てみて?ほらね!ついてきてるでしょ?
 中央にいるのがわたしよ。でも見てもらえばわかるように、
 このプールにはわたしの他にもマガモの女の子ってたーくさんいるのよ。
 でもわたしの後ばっかりついてくるの!」
 
オナガガモ3

「やっぱりついてくるわ!しかも何か一生懸命語りかけてくれているみたいなんだけど、
 言語が違うみたいで理解してあげることができないの・・・
 マガモの男の子たちは大きな声でガァガァお話しするんだけど、
 この方は小さな声でわたしの耳元にキュンって囁いてくるの。
 でもなんとなく最近わかってきたわ、どうやらプロポーズされているみたい!」

オナガガモ4

「周りの女友達たちはマガモの男の子たちとカップルになっていて、
 あんた、他の種類の男の子なんてやめときなさいよって言うんだけど・・・。
 彼はわたしの近くに他の男の子が泳いでくると、おっぱらってしまうのよ。
 とっても熱心にアプローチしてくれるから、最近はわたしも気になってきてしまったわ。
 だって女の子だもの、たくさんいる中で自分だけを選んでくれたら、誰だってそうでしょ?」


以上、某TVドラマにはまっているスタッフ小澤の妄想 第2弾でした!
マガモの女の子に猛アプローチしている彼は・・・

オナガガモ

オナガガモ という種類のオスです。
この個体は1羽のみで、去年の11月に当園のカモプールへ仲間入りしました。
種名のとおり、長い尾羽が特徴です。
まるでスーツを着ているみたいで、どことなく清楚な感じがしますよね。

ちなみに外のカモ池には、野生のオナガガモが越冬のために飛来していますが、
このカモプールで暮らす彼は野生個体ではなく、花鳥園で飼育している鳥です。
どうやら、オス1羽のみで暮らしているため、マガモのメスにアプローチしてしまったようです。
異種間でペアになってしまうことは、あんまり喜べたことではありませんが、
オナガガモとマガモのカップルというのは野生でもよく発生するようで、
なんと交雑種である子供も生まれるそうです。
その場合はマガモの尾羽が長くなったような外見のカモに成長するようですよ。
この2羽の間にヒナが生まれるかはわかりませんが、見守っていきたいと思います。

カモプールにはオナガガモは1羽しかおりません。
ご来園の際にはオナガガモを探して、その周りをよく見てみてください。
翼の少し垂れたマガモのメスがいたら・・・関係は続いているようですね。

ozオナガガモ

「わたしが命をかけて彼女をお守りします!」



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/28-4d4c1a71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。