スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファラオワシミミズクの赤ちゃん 

3月4日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は前回につづきファラオワシミミズクの赤ちゃんをご紹介します。

2月14日のバレンタインデー、掛川花鳥園でファラオワシミミズクの赤ちゃんが産まれました。
産まれてすぐの様子はこちら→フクロウのヒナが産まれました!

f6.jpg

生後17日目。スタッフも休み明けには毎回びっくりするくらい、とても成長が早いです。
前のブログと比べてみてください。見違えるくらいフクロウらしくなってきましたね。

f4.jpg

目もぱっちり開いて、周りの物をよく見るようになってきました。
また、大人になると羽毛で見えにくくなってしまいますが、
実はくちばしは奥まで裂けていて、大きな餌も飲み込むことができます。

今日は一生に一度、この赤ちゃんに個体識別のリングを装着することになりました。

f1.jpg

リングには数字やアルファベットが刻印されていて、この赤ちゃんの個体番号になります。
名札のようなものですね。世界で一つのリングです。
大人になってから装着する場合は、切れ込みの入ったリングを脚にペンチで取り付けますが、
赤ちゃんの時に装着する場合には、はじめから輪になったリングをはめることができます。

f2.jpg

まだ脚の小さい赤ちゃんのうちにこのように脚に通します。やがて成長すると足も太くなり、リングは抜け落ちません。一生に一度、数日間だけあるチャンスです。

f3.jpg

うまくはまりました。ちょっと大人の階段を登ったかな?
また、赤ちゃんといえども、力強い脚とかぎづめを持っています。
もうすぐうまく歩くことができるようになります。フクロウは翼よりも脚がとてもはやく発達します。

f5.jpg

ほらね、体のわりに長くて太い大きな脚をしています。
野生のフクロウは、まだ飛ぶこともできないうちに巣立ちを迎えます。
大きく成長した子供達でいっぱいの狭い巣穴の中では、羽ばたきの練習はできません。
早々に巣を飛び出して、脚だけで木の幹を登ったり、走って茂みに隠れたりして過ごします。



また食事の様子を撮影してみました。
前回のブログでの動画とも比べてみてください。大きな肉片も食べられるようになりました。
後半はお腹一杯みたいですね。1日4回、元気いっぱいにすくすくと育っています。
日に日に大きく頼もしくなっていく赤ちゃん、そろそろ一般公開も考えています。
またご紹介しますのでお楽しみに!



最後にお知らせ
イギリス人鷹匠のギャリーさんが、3月5~13日の間、お休みをいただきます。
その間は、ハクトウワシのタテナギやシロフクロウのハリーはショーをお休みします。
ベンガルワシミミズクやハリスホーク、コンゴウインコたちは出演しますので、
そちらのショーをお楽しみください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



スポンサーサイト

コメント

にぃさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
フクロウはとっても成長が早く、生後約2か月で大人の姿に成長してしまいます。
スタッフも連休を貰ってから出勤すると、姿が全然違っていて驚いています。
またご紹介させていただきますね。

  • [2009/03/04 16:44]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

同じ子ですか!

わー…前回あんなにふにゃふにゃへたへただったのに(驚)さすがファラオ、貫禄です。
立派な王様(?)になれるよう、見守っていますよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/33-7011f1ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。