スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブハクチョウ 赤ちゃん誕生! 

5月13日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
またまた待望の赤ちゃん誕生です。それも一気に6羽も産まれちゃいました!
今年も コブハクチョウの赤ちゃんが産まれました!

コブハクチョウのペアがヘビクイワシ舎の裏に巣を作って抱卵を始めて約1か月。
 抱卵の様子の記事はコチラ→コブハクチョウ産卵しています
去年は3羽のヒナを無事育て上げたこの両親、今年もうまく孵化してくれるだろうかと、
スタッフみんな楽しみにしていました。今年は一体何羽産まれるだろうか・・・すると・・・

白ヒナ1

なんと、6羽の赤ちゃんが産まれました!
6卵中6卵が有精卵、とっても優秀なペアです。
そして孵化率100%!最新鋭の孵卵器もお手上げです・・・。

7日に1羽、8日に4羽、9日に1羽と、立て続けに6羽が産まれ、
しかも末っ子が産まれたその日に両親と6羽の赤ちゃんで泳ぎ始めたのです!
でもみんな体格差は無いようで、今のところ見分けはつきません。

白ヒナ2

成長のコブハクチョウは真っ白ですが、ヒナの時はうすいグレーの綿毛で覆われています。
ちゃんと水をはじくようですね。
それにしても、産まれてすぐ泳げるなんてすごいですね(私は泳げません・・・)。



動画でその可愛さをご覧ください。
お父さんとお母さんの後を一生懸命ついていっています。
しかし、赤ちゃんの大きいこと。産まれて3日しかたっていないというのに、すでに
カモプールにいるクビワコガモぐらいの大きさがあります。
さすが、白鳥最大種コブハクチョウの赤ちゃんです。

白ヒナ5

両親が、人間をまったく恐れず人の手から餌をもらっているのを見ている赤ちゃんたちは、
まったく人を恐れません。お父さんとお母さんを見てちゃんと学習しているんですね。
とっても可愛い赤ちゃんたちにいつも人だかりができています。

白ヒナ4

夜間はイタチやタヌキなどの獣もうろついているため、湖の中が一番安全です。
夜通し泳いでいたのか、疲れてしまったのでしょうか、朝行くと岸に上がって眠っていました。
私が近づいたことに気付きましたが、またすぐ眠りにつきました。人間への警戒心ゼロ。

白ヒナ3

でもちゃんと近くにはお父さんとお母さんがいて、近づきすぎる人間には威嚇してきます。
お客様とスタッフの区別がついているようで、スタッフには特に怒ります。
写真左がお母さん、右がとっても怒っているお父さんです。
翼が持ち上がっていますね。威嚇のポーズです。
とってもたくましくって頼もしいお父さんのそばで、赤ちゃんたちは安心して休んでいます。



夕方、ごはんをあげると、さっき食べたはずの他カモさんたちも寄ってきてしまいました。
しかし、赤ちゃんたちがゆっくり安心してごはんが食べられるよう、
左にいるお父さんが他のカモ達を追い払っています。とっても強いお父さんです。

さて、今年は6羽の赤ちゃんが産まれました。今のところ順調ですが、
実は去年も5羽孵化したのですが、途中で2羽が残念ながら死んでしまったのです。
野生でも、すべてのヒナが大人になれるわけではありません。
今年は6羽すべての赤ちゃんが育ってくれるといいと思います。

とっても可愛い赤ちゃんたち、小さなうちが一番可愛いです。
今のうちに見に来てあげてくださいね!



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

ichitoさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
みにくいあひるの子の主役のハクチョウヒナですが、大きさがアヒルのヒナとはまるで違うので、
きっとモデルはコブハクチョウのヒナではないでしょうね。
空気を含みやすい羽根なようで、水にうまく浮いています。
両親の起こす波で赤ちゃんたちは、どんぶらこ、と揺られている様子がとても面白いです。

ハクチョウの羽の生え換わりについてですが、ヒナ特有の産毛は大きくなるにつれて灰色の羽毛に生え換わっていきます。
灰色から白色への生え換わりについては、生後約1年で完全に白くなる感じです。
今まさに去年産まれた3羽が真っ白になったところです。
成長過程もこれからレポートしていきますので、楽しみにしていてくださいね。

  • [2009/05/14 22:13]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ひっくり返りそう

なんともまあかわいらしい、”みにくいアヒルの子”。産毛なんですか? 水の上に浮きやすくなっているんでしょうか? 動画で転びそうなくらい浮いているし。
実家で聞いたテレビのニュースでも、お堀に住んでいるハクチョウにヒナが産まれるものの、増水で流されて命を落としたり、調子が悪そうだったので調べてみたところ心臓疾患だったり、可哀想なことはたくさんあるものだと思いました。
去年伺ったおりにまだまだ幼鳥を抱えているお父さん、お母さんに思いっきりつつかれました。 とはいえ、痛かったけれどココからは嫌てなかんじでした。 もう大人っぽい大きさたげれど、お子さんに近づいたからかな。 ああいうたくましいお父さんお母さんに皆さんなって欲しいですねー。
ところで、ハクチョウはいつ頃からあのような白い羽になるのでしょうか? 大きくなっても灰色ですよね。 今の産毛?は体も大きくなるし生え変わりますよね。 翼も生えてきますよね。 不勉強で何もわからないので是非ぜひ見せて頂きたいものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/69-d29eaa6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。