スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷹匠の技術 羽のリサイクル 後編 

5月27日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
6日間、お待たせいたしました!今日は前回の続き、接ぎ羽根の施術の様子です。
鷹匠の技術 羽のリサイクル 後編 スタート!
の前に、皆さんもう一度、前回の記事のおさらいからどうぞ→羽のリサイクル 前編

羽5

いよいよハリスホークのギンジくんに接ぎ羽根をおこなっていきます。
一人がギンジくんをおさえ、ギャリーさんが尾羽側に立ち施術していきます。

羽6

まずは1本目。折れた尾羽を根元だけを残し、ニッパーで切り取ります。
ギンジくんの体にはこのように短い羽軸が残っています。

羽11

そこへ、前回準備した新しい尾羽に刺した割りばしを刺し込みます。
つまり、割りばしがギンジの羽軸と新しい羽の羽軸のつなぎ役なんですね!

羽8

羽軸の太さはやはり1本1本違いますし、断面は綺麗な円上でもありません。
刺し込みながら具合を見て、その羽軸にあった割りばしに削っていきます。
1本の羽軸に1本の割りばし、完全受注生産のオーダーメイドです!

羽13

ちょうどいい太さになったら刺し込んでボンドで固定。まずは1本完了。

羽9

同じ要領で続けます。同じように見える尾羽でも外側と内側では微妙に違っていて、
外側は微妙にカーブしています。また角度もうまくやらないと尾羽がうまく重なりません。
何度も広げたり重ねたりしながら、慎重に進めていきます。

羽14

接着部分のアップ。
上から1、2、4、5本目は接ぎ羽根された羽ですが、3本目のものはちょっと違っています。
これはギンジくんの自前の羽で、いままさに新しく生えてきている新しい羽です。
伸びている途中の羽はこのようにストローのようなものでおおわれていて、
伸びてくるとこの角質がはがれていき、中の羽がぱっと開きます。
ちなみに伸びている途中の羽には血管が通っており、折れると大出血します。

羽15

最後に、ショー出演時に取り付ける発信機をひっかけるためのクリップを取り付けて完了!
施術だけで約1時間半!準備期間も入れたらもっとです。お疲れ様でした!

羽10

ちなみに切り取ったギンジくんの尾羽がこちら。
よくこの状態でショーで飛んでいてくれたと思います。
確かにブレーキがきかず腕にうまくとまれなかったり、風が少しでも強いと遠くまで行ってしまったりということが多かったです。

羽12

立派な尾羽をもらったギンジくん。やっぱりこうでなくっちゃかっこよくないですよね!
「ふぅやれやれ、なんだか急にお尻が重くなったなぁ」
まぁそう言わずにギンジくん、明日から飛ぶのが楽になるよ。

今回、接ぎ羽根した尾羽も、やがては毛穴から抜け落ち新しい尾羽が生えてきます。
本来ならばギンジくんの自前の綺麗な羽で飛ぶのが一番です。
その時まで借り物だけど、ギンジくんショーの主役よろしくね!

お知らせ!
29日(金)は、鷹匠ギャリーさんは富士花鳥園へ出張のため不在です。
ヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。ご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

みにゃんさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
片道3時間とはまた遠いところからお越しいただいたんですね、ご来園ありがとうございました。
今日もとても風が強く、外でショーが行えないかもと考えていましたが、
3時は何とか行うことができ、キックちゃんをお披露目することができました。
タイちゃんやはるかちゃんもとっても人気者で、大活躍です。
なかなか遠くて難しいとは思いますが、どうぞまた会いにいらしてくださいね。
みにゃんさんのまたのご来園お待ちしております。

  • [2009/05/29 22:15]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

やっと今日遊びにいけました♪
このブログに初めてコメントした時のキックくんにも逢えすごっく楽しい1日でした。

バタン好きの私にはたまらないサンタくんと記念撮影できたり、
タイちゃん、くりのすけちゃん、はるみちゃんトリオはいっぱいお喋りしてくれて感動でした。

近ければ毎日行きたいです。
でも片道3時間も苦にならない楽しさでした♪

ichitoさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
写真がたくさんあったのと、言葉での説明が難しいのとで、前編後編に分けさせていただきました。
すべて伝わりましたでしょうか、なかなか文字での表現というのは難しいと思う今日この頃です。
今回の施術をギンジが喜んでいるかはわかりませんが、
長い間よく保定されたまま我慢してくれたと思います。
また何か鷹匠の技術がありましたらご紹介させていただきますね。

  • [2009/05/29 20:41]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ふうちゃんさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
リピーターさんということで、いつもご来園ありがとうございます。
この施術は実は数週間前のことで、今は何枚かが換羽が始まり、また歯抜けになってしまいました。
でも正常な換羽なので、もう少しでまた綺麗になります。
ウサギちゃんの首は…実はわざとあのままなんですヨ。
その方が面白いとギャリーさんが言うので…。
またのご来園お待ちしております。

  • [2009/05/29 20:35]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ギンジ君よかったですね。

どのようにされるのか、期待していました。
折れてしまった尾羽は切って継ぐのですね。 
鳥にとっても体のことですから、とても精緻な作業に思われます。 人間だって装具がありますが、それも”こうして”とは細かく言えない鳥のことです。 
それにしても長い時間、皆様お疲れさまです。

はじめまして。私は静岡県東部在住の花鳥園のヘビーリピーターです。
昨日も、そちらへお邪魔しました。
ギンジ君のショーの時に尾羽に注目していました。さすがギャリーさん、上手に手当てをされるんですね。
いつもワクワクしながら見学しています。
(ウサギちゃんの首も手当てをしてあげたらいかが?←冗談です。あれはあれで味があってヨロシ!!)
初めて見たキックちゃんも可愛かったです。
いつ行っても、鳥・花とそれを温かく世話するスタッフに癒されています。
また近いうちにお邪魔します。これからもよろしくデス!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/75-0470d053

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。