スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた誕生!ポポ3世 

6月8日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
またまた、掛川花鳥園に新しい仲間が誕生しましたので、ご紹介します。
まずはクイズから!この写真をご覧ください。

ホワイト1

むむむ・・・ぬいぐるみと・・・何かな?タワシ???正解は・・・

ホワイト

フクロウの赤ちゃんでした!
なんと、ポポちゃんと同じアフリカオオコノハズクの赤ちゃんです!

ホワイト6

こちらがアフリカオオコノハズクの卵です。
親指と大きさを比べてみてください、とっても小さな卵です。
殻の真ん中に盛り上がったところがあるのがわかりますか?これは中からヒナがつついて殻を割ろうとしているところです、もうすぐ生まれます。
しかし、普通最初に穴を開けなくてはいけない部分とは真逆の部分からはしうちを始めてしまいました。人間でいうところの逆子です。
なかなか孵化せず、穴も広がりません。ギャリーさんが穴あけをほんの少し手伝いました。
途中で力尽きて死んでしまうかと思いましたが・・・

ホワイト4

無事生まれました!とっても小さいです。
しかしまたまた問題、本来なら孵化するまでにお腹にあいたおへそのような穴から吸収されるべき卵黄袋が、吸収されきらず少しはみ出した状態で産まれてきてしまったのです。
これではここから細菌感染してしまい、多くの場合が死んでしまいます。
毎日ヒヤヒヤしながら育てていました。

ホワイト5

しかしスタッフの心配をよそに、すくすくと大きくなっていきました。
目があいてすぐの時。はみ出た黄身の袋は真黒になって腐ってしまったようです。

ホワイト2

日に日に大きくなります。2連休をもらって出勤すると別の鳥になっています。
とっても元気でごはんももりもり食べます。

ホワイト3

ちなみにこちらがお父さんとお母さんかもしれないフクロウたち。
10羽いるアフリカオオコノハズクの展示室には、3つの巣箱が設置されていて、
その中にあった計7つの卵を孵卵器へ入れました。やっと1羽産まれたのがこのヒナです。

ホワイト7

そしてこれが現在の生後約1か月の写真です。
しっかりと立てるようにまでなり、ポポちゃんと変わらない大きさに近付いてきました。

ホワイト8

とりあえず大丈夫だろうということで、公開を始めました!
現在フクロウゾーンのポポちゃんの近くで見ることができます。
今のところ何もなく元気に育ってくれていますが、ギャリーさんの経験では、同じく黄味が
はみ出たまま産まれたワシが大人になってから急死してしまったケースがあったとのこと。
そんなわけで、今までブログでのご紹介を待っておりましたが、
今のところ元気ですくすく成長中です!
このまま大人になってポポちゃんココちゃんと一緒に活躍してくれますように!



スタッフからのお知らせ!
鷹匠ギャリーさんの不在日→ 6月9日(火) 10日(水)
上記の日はヘビクイワシ・ハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

ichitoさんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
この種類はどうやら産まれて1ヶ月くらいは目つきが悪いようですね。
これから眼球がものすごく大きく成長します。ココちゃんも最初は目がとても小さくて、
毎日「不憫な子やなァ」と行っていたのを覚えています笑
この子はこれからどうなるかわかりませんが、1日でも長く生きてくれるよう、頑張ってほしいです。

  • [2009/06/11 23:37]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

たしか、ココちゃん誕生の時でしたか、目つきが悪いというようなご紹介があったと思うのですが、やっぱり・・・ムーミンとかのトーベ・ヤンソンの作品を連想してしまいました。 ”妖精でも私たちはアフリカでしてよ。 失礼ね” ていわれそうですね。ゴメンナサイ。 
とても心配な3世ちゃん、しっかり育って欲しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/82-1988fb6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。