スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!てんかちゃん 

7月8日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
じめじめとした日が続きますね。
花鳥園でも雨が降って鷹匠ショーが外でおこなえない日が度々あります。
そんな中、鷹匠ショーに復帰するため、1羽のフクロウが練習をつんでいます。
ベンガルワシミミズクのてんかちゃんです。

てんか3

てんかちゃんは、掛川花鳥園が開園して最初の春に産まれたベンガルワシミミズクです。
それが2004年の春ですから、今満5歳です。
最近血液検査をして、女の子であることが判明しました。
てんかちゃんは、産まれてすぐから他のベンガルワシミミズクとは違う何かを持っているようでした。開園当時のショーは、ショーというよりは飛行調教の公開程度で、室内で紐をつけてまっすぐ5メートルくらい飛ばす、というものだったのですが、
生後約4か月程度だったてんかちゃんが、練習中に約8メートルもの距離を飛んできて、
スタッフはとても驚いたのを覚えています。
てんかちゃんが飛行調教に出演するようになってから、ショーとしての形ができてきたように思います。
今はバイキングスペースになっていますが、当時は花の下にテーブルが並んでいるだけの休憩スペースで、おかけいただいた皆さんの頭の上を25メートルほど飛んだりと、他のベンガルたちにはできないショーをおこなう、花鳥園の花形スターだったのです。

そんなてんかちゃんは2年前に外で鷹匠ショーをおこなうことになった時にも、レギュラーとして出演していました。しかしその天才肌のてんかちゃんには、弱点がありました。
実は、脚の裏に怪我をかかえていたんです。この怪我とは何年も付き合っていました。

てんかちゃんを過去にあるイベントに連れて行ったことがあります。
その場所で飛ばすように言われ、まだ経験の浅かった私たちはてんかならできるだろうと、それを承諾しました。
しかし、いくらてんかちゃんでも初めて来る場所で飛べと言われても、嫌だったに違いありません。私たちもその気持ちをくみ取ってやることができなかったのです。
結果、てんかは逃げ出し、高温に熱せられたライトの上に降り立ち、両脚の裏に大やけどを負いました。やけどはそれから治ったものの、てんかの脚の裏の皮はとても薄くなり、
たとえば隣の部屋のベンガルと金網越しに喧嘩をしたとか、そんなことで怪我をしやすくなってしまったのです。

てんか5

こちらが脚の裏に怪我をかかえながら鷹匠ショーに出演していたてんかです。
わかりにくいですが、脚の裏にタコのようなものができているんです。
当時他のレギュラーが少なく、てんかは怪我を負いながらもショーに出演していました。
しかし去年、アスカちゃんやニコちゃんが誕生したことによりレギュラーが増えたため、
てんかは怪我の治療に専念するためショーから引退したのです。

ショーに出演しなくてよくなると、毎日お腹一杯の食事を与えることができるようになります。
レギュラーの場合には明日のショーにさしつかえない量の食事ですが、お腹一杯の量だと、脚の裏の怪我にまで、栄養が行き渡ります。
ショーを休んでわずか2か月ほどで、てんかの怪我は完治しました。
そして今回、ショーに復帰するため再び調教を始めました。

てんか4

さすが天才てんかちゃん、最初は久しぶりの屋外にとまどっていましたが、
すぐにレギュラー時の記憶が戻ったようで、めきめきと上達していきました。
てんかがどのベンガルよりも飛ぶフォームが綺麗で、スタッフもほれぼれするほどです。

てんか1

今回は今までのショーとは違い、コンゴウインコ用の止まり木も活用することにしました。
青空の下で木にとまるフクロウ、風情があります。

てんか2

木から木へ、本番ではベンチに座る大勢のお客様の真上を飛ぶことになります。



動画でも撮影しました。ビデオを持つ私の上スレスレを飛んでいきます。
調教はスタッフのあいた時間におこなっていますので、本番と近くなるよう、その時間近くにいらしたお客様にベンチにおかけいただいて見学していただいています。

てんかちゃんはもうすぐ鷹匠ショーに復帰する予定です。
何時のショーになるかはまだ未定なので、楽しみにお待ちくださいね!
なお、今でもショーとショーの間の時間に、ショー会場で練習していることがありますので、
見れた方はラッキーですよ!




掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト

コメント

buboさんへ

いつもコメントありがとうございます。
火傷をしたのはもう4年以上も前の事です。火傷はすぐに治りましたが、
脚の裏の皮が薄くなり、バンブルフットになりやすくなり、それ以来止まり木の凹凸などには気をつけています。
てんかは飛行フォームが本当にきれいでほれぼれします。
早く満員のお客様の上を飛ぶ姿を見てみたいです。

  • [2009/07/10 21:14]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

てんかチャン、そんな事故の経験があったのですね。
元気になって何よりです。
ライトで火傷なんて、ゾッとしますね。僕も鳥を飛ばすときは気を付けたいです。
それにしてもてんかチャン、素敵なフライトですね。ほんとステキ。

ふうちゃんさんへ

いつもコメントありがとうございます。
てんかをイベントに連れて行ったのはまだ開園して1年目のことで、スタッフも経験が足りませんでした。
あの時の失敗と反省をいかし、てんかちゃんのおかげで今の私たちがあると思っています。
私たちが鳥たちの面倒を見ているようでも、実は日々鳥たちが私たちにいろんなことを教えてくれ、成長させてくれているんだと思います。
てんかちゃんの飛行ショー楽しみにしていてくださいね。
キックちゃんも目立ちたかったみたいですね。また主役として撮ってあげたいと思います。

  • [2009/07/08 23:04]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いつも鳥達を大事に可愛がっていて何でもわかっているようなスタッフの皆さんでも、鳥さんに怪我をさせてしまう事があるのですね。
火傷をさせてしまった時のスタッフの方の気持ちと、それにもめげずショーの花形として頑張り続けた「てんかちゃん」の事を思うと涙が出てきてしまいます。
あすかちゃん達のおかげで養生して治る事が出来て良かったですね。これからも飛行ショーを楽しみにしています。
追伸・飛行練習の動画に、落ち着きの無いキックちゃん(笑)が映っていました。和気藹々とした花鳥園らしくて嬉しくなっちゃいました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/96-56d64fe3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。