スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジャクバトの赤ちゃんその後 

6月28日こんにちは、バードスタッフ石山です。
今日は、先日お伝えしたクジャクバトの赤ちゃんその後をご紹介します。
クジャクバト父さんと母さんは、ヒナを育てながら次の卵も産み温めている所でした。

繝上ヨ7_convert_20090627133201

卵を温めて3週間目ヒナが生まれました!左側に殻が落ちていて右側にお尻を向けたヒナが見えます。
ちょうどごはんをあげようとクジャクバト母さんが立ちあがった所で見えました。
そして、前に生まれたヒナはというと、自分でごはんが食べれるようになり、親から貰わなくても大丈夫になりました。
そこで、スタッフは、いままでに手からごはんをもらえるクジャクバトが余りいない事に、もう少しなれたクジャクバトに出来ないかと、その1人でごはんが食べれるようになったヒナを親から離してスタッフで育ててみる事にしました。

繝上ヨ8_convert_20090627133313

生まれてからちょうど一ヶ月目のヒナです。もう大人と変わらない大きさになり、スタッフの手にも大人しく乗るようになりました。

繝上ヨ・托シ神convert_20090627133814

そして、ちゃんと他のクジャクバトと区別が付くように、病気になったりケガをした時にも分かるように、左脚に個体識別用のリングを付けました。
スタッフの後藤さんの腕で付け終わった後ちょっと一休み。

繝上ヨ・農convert_20090627134031

ちょっと頭の辺りが羽毛がツンツン出ていますが、これは、ヒナの時の羽毛に包まれていた頃のなごりです。

スタッフにもなれた所で、今度は、他の人にもなれる様にお客様にもご協力をいただき、ヒナを抱いたり、触ったりして頂きました。

繝上ヨ・胆convert_20090627133923
繝上ヨ9_convert_20090627133459
繝上ヨ10_convert_20090627133653

みなさん、クジャクバトの白くてずんぐりしたところが可愛いようで、「今ふれあいにデビューする為にならしています」と説明をすると、喜んで快く抱いたり触ったりしてご協力頂きました。
そして、クジャクバトのヒナもなれた所で、スイレンプールゾーンのふれあい広場にもうすぐデビューします!
インコのようにごはんを見ると、腕に乗ってくるようになったらいいなとスタッフは期待しています。
生まれたヒナ達には、赤リングが脚に付いていて、分かり易くなっていますので、どうぞ温かく見守ってあげて下さいね!
クジャクバトは、スイレンプールゾーンふれあい広場を入ったすぐ右側にいます



スタッフからのお知らせ!
鷹匠ギャリーさんの不在日→ 6月29日(月) 30日(火) 7月1日(水)
上記の日はハクトウワシはショーをお休みします。
その他の日も鳥の状態やご機嫌、天候によりショーの内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



掛川花鳥園 公式ブログも併せてご覧ください。
http://kamoltd.blog110.fc2.com/



スポンサーサイト

コメント

buboさんへ

コメントありがとうございます。
もう、クジャクバトのヒナもふれあいデビューしましたので、ご来園の際には、是非手からごはんをあげてみて下さいね!赤いリングを脚にはめていて、近づいてきます。

  • [2009/07/02 18:26]
  • URL |
  • バードスタッフ 石山
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

はじめまして
ホント、インコみたいに手に飛んできてくれたら、花鳥園の楽しみが増えますよね。
人気者に育ちますように。

野宿ライダー さんへ

コメントありがとうございます。
クジャクバトは、白くて他のハトよりも体に丸みがあるので、お客様にも密かに人気があるんです!でも、大人しくて、近づいてご飯をもらいに来るということが余りないため、ここで生まれたヒナたちがもう少し慣れてくれればふれれあいを楽しんで頂けると考えています。

  • [2009/06/29 07:30]
  • URL |
  • バードスタッフ 石山
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

純白

こんにちは

クジャクバトのヒナ(見た目は大人に見えるんですけど)、真っ白でとてもかわいいですね。
人気者になりそう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkestaff.blog24.fc2.com/tb.php/97-7facb57c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。